February 22, 2012

捨てられない本

 雑誌をPDF化して捨てたものの、そのPDFファイルをまた読み返すことはまったくない。それでも捨てる思い切りのために作業をしている。
 次は本にとりかかっている。たいていの本はもう一度読み返さないので捨ててきたが、思い入れの深い本は手が止まっている。
 森本哲朗氏の旅シリーズはその一つである。読み始めたのは、大学時代に、阿佐ヶ谷の3畳一間の兄の下宿の本棚で、「ぼくの旅の手帳 または、珈琲のある風景」を見かけたのがきっかけだった。
 これらの本を読み進めるうちに、ヨーロッパ一人旅に出かけたくなったのだった。「汝自身を知れ」があったというギリシャのデルフォイまでわざわざアテネから1日がかりでバスで往復したりしたし、クレタ島のクノッソス宮殿に行ったのは「そして、ぼくは迷宮に行った」という本を読んだからだった。

Dvc00003


| | Comments (0)