January 04, 2020

家族でハイキング 筑波山

12月28日(土)

息子の年内の部活の練習が終わり、天気も良さそうなので、妻と3人でハイキングに出かけることにした。
7時過ぎに家を出て、つくば駅に着いたのは8:45。9:00のバスに乗り、50分弱でつつじヶ丘に。バスはちょうど満席で立っていたが、意外に苦ではなかった。

Img_2659

9:52ガマガエルのガマランドの脇の登山口を登り始める。一番楽な「おたつ石コース」を選んだ。

Img_2661

大きな岩がゴロゴロした道を登っていく。最初のうちは日なたの道なのですぐに長袖Tシャツ一枚になった。

Img_2664

弁慶茶屋跡地で白雲橋コースと合流後、
10:35弁慶七戻りという場所に。

Img_2670

これ以降、大きな奇岩がいくつもあって面白い。

Img_2688

Img_2694

  11:15女体山頂上に。877m

Img_2700

山頂は狭く、次の人が待っていたので写真は最小限にした。
スカイツリーも富士山も霞ヶ浦も見えたが霞がかかっていた。
すぐに男体山を目指した。
途中、ガマ石という巨石があって、口の中に石を投げ入れるとご利益があるということで3人とも入るまで投げ続けた。
道は前日雨が降ったせいで滑りやすく、妻も滑らせ休みながら歩いた。
11:50御幸ヶ原到着、建物の屋上の「コマ展望台」に

Img_2714

眺めは良いが、この日はやや霞がかかっていた。

Img_2711mov_000005636

Img_2712mov_000008840

女体山方面

Img_2713

「コマ展望台」の建物の中のレストランで昼食のラーメンを食べた。
12:35男体山に向けて出発。

Img_2720

階段が続く

Img_2721

12:45男体山頂上到着。

Img_2723

女体山よりも山頂感が乏しく、眺めもこれまでいい眺めを味わってきたので感動はなかった。でも下の町並みはよく見えた。

Img_2726

また御幸ヶ原まで戻り、「御幸ヶ原コース」を下って14:00に筑波山神社に着いた。

Img_2727
少し下ったところのバス停から14:40のバスに乗り、17時前には自宅最寄り駅に着いた。

反抗期を迎えた中2の息子の素直な姿が見れて穏やかないい1日だった。

| | Comments (0)

January 03, 2020

一人ハイキング 東京都大岳山

12月15日(日)
混むだろうからとハイキングは休日を避けていたが、花や紅葉のシーズンじゃなければ良さそうだし、息子は部活で家にいないし、妻は最近疲れているのか寝ている事が多いので出かけることにした。
7:40頃最寄り駅から電車に乗り、ケーブル御岳山に着いたのは11:06だった。前回より30分くらい遅い。
ついこの間来たばかりだったので、迷わずさっさと歩いた。大岳山へは奥の院と鍋割山を経ていくコースもあったが、早く帰りたかったし、ビジターセンターで聞いたら最短コースでも5時間かかると言っていたので、最短コースで行くことにした。
紅葉は終わっていた。

Img_2603

11:25御嶽神社にはいかず左に

Img_2604

長尾平では右の大岳山方向に

Img_2606

11:30奥の院方向への分岐
左の大岳山直行

Img_2608

11:45先日折り返した分岐に到着

Img_2609

やや傾斜のある道

凸凹がないので歩きやすい。

Img_2611

12:00このあたりからがアクバ峠なんだろうか。尾根道を歩く。

Img_2613

12:09岩場が始まる。

Img_2619

最初の内はたいしたことはなかった。

Img_2621

12:24大岳神社の鳥居をくぐる。

Img_2624

12:30これを登ったら頂上かなと思ったら、急な岩場の始まりだった。

Img_2626

なかなかの岩場

Img_2627

12:38大岳山山頂到着1266.4m
富士山がよく見えた。

Img_2634

風もなく日なたにいれば暖かかった。長袖のシャツで過ごせた。
山頂は思ったより狭かった。3,40人はいたかな。
昼食はさっさと済まし、頂上滞在15分くらいで12:55下山開始
来た道を引き返す。

Img_2636

岩場は降りるときのほうが危ない。
岩場が終わってからはかなり早足で歩いた。

13:46奥の院分岐に到着
天狗が腰掛けるのはあそこかな。

Img_2639

14:05ケーブル御岳山到着
往復3時間だった。
14:15ケーブルに乗り、
最寄り駅に着いたのは17:20くらいだった。

| | Comments (0)

December 29, 2019

一人ハイキング 栃木県大平山

    12月8日(日)
仕事のない平日になかなか晴れにならないので、日曜日だったがハイキングに出かけた。
8:30最寄駅を出発。東武日光線の新大平下に着いたのは10:32だった。

Img_2504

Img_2505
大平山への道案内板は小さいので見落としそう(写真だと大きく見えるが)。直前にハイキングコースマップを検索しておいて良かった。

Img_2508_20191229115001

たぶんあれが大平山だろう。

Img_2510

客人神社のところで右に石段が見えてそこを登るのか迷って人に聞いた。そこではなく左に少し歩くと石段があった。11:10

Img_2512
なだらかな登り。

Img_2517

紅葉

Img_2518
11:32ちょっとにぎやかな道に出た。どうやら謙信平に続く道らしい。

Img_2523

謙信平はこの手前を左に曲がるのか、すぐ先の階段を上がるのか、道路をまっすぐ行くのか、この標識では迷ってしまう。

Img_2524_20191229121101

結果は道路をまっすぐでも、この階段を上ってもよかった。でもこの手前を曲がったらどうだったんだろう。

11:43謙信平到着。関東富士見百景なんて書いてある。でも、今日は霞んで見えず。

Img_2529

Img_2528_20191229121401

謙信平の由来が書いてある。

Img_2533

道を挟んで店が並び、紅葉の下で絶景を見ながら食事できる。少し前だったら大賑わいだったろう。

Img_2535

Img_2536

ローソンで買ってきた昼食を食べた。

少しさらに歩いて登山口を探す。この売店の左奥が登山口。

Img_2545

11:58登山口

Img_2548

12:14大平山神社到着

Img_2552

大平山頂の文字が小さい。この階段を上がる。

Img_2556

道を塞ぐように張られている。

Img_2565

道標をもう一度見るとやはりこの方向。

Img_2564

くぐって正解。

Img_2566

Img_2568

12:33冨士浅間神社となっていた。

Img_2570

本当の山頂はこの裏手にある小高いところ。木にくくりつけられた「大平山 標高341M」の場所か。12:35

そこは半径5~6mしかない場所。

Img_2572

すぐに下山開始。先に進む。ときどき舗装された道に近づいたり交差するので迷う。

Img_2578

右のハイキングコースらしい道を進む。

12:50ぐみの木峠に到着。晃石山には行かず、大中寺方向に。

Img_2581

13:10大中寺は大きくて立派なお寺。

Img_2584

舗装道路を少し歩く。

Img_2587

道路とほぼ平行にはしる道を歩く。

Img_2590

謙信平あたりを眺める。

Img_2591

13:50新大平駅到着

Img_2594

自宅最寄り駅には16:42に着いた。

 

 

 

| | Comments (0)

December 16, 2019

一人ハイキング 東京都 御岳山

12月5日(木) 

7時過ぎに最寄駅から出発し、御嶽駅に着いたのはは9時46分

Img_2395

バス、ケーブルと乗り継いでケーブル御岳山駅には10時27分に着いた。

  Img_2396

御岳山には以前2回ほど来たことがあるが、山楽荘という旅館に泊まって飲んだだけだった。バスを降りてケーブルの駅まで急な坂を歩いたなとか、ケーブルの御岳山駅から集落まで歩いた感じとか、武蔵御嶽神社の階段とかよく覚えていた。

Img_2413

紅葉はもう終わりの頃だったが、少し残っていた。

Img_2421
まずは武蔵御嶽神社にお参り。11:04

Img_2429
11:16ちょっと歩いて長尾平の展望台に

Img_24332

Img_24341
11:30不規則な石の階段をひたすら降りる。

Img_2435  
11:43七代の滝

Img_2437
金属製の階段を上る。

Img_2442
11:55天狗岩に到着
岩に登る短い鎖場が楽しい。でも降りるときはちょっと怖い。

Img_2443

岩の上に天狗

Img_2452
そこから少し下る

Img_2454
川沿いに歩いて上る

Img_2459
12:16このあたりがロックガーデンなんだろう。

Img_2468
トイレのある休憩所で昼食
12:30出発

Img_2472

12:41綾広の滝到着

Img_2478

12:47御嶽神社方面に帰る分岐に到着

Img_2482

軽トラなら通れそうな普通の道

Img_2484

13:04 長尾平に帰着

Img_2487

13:25ケーブル御岳山駅帰着
ロックガーデンの休憩所から55分だった。そこで昼食を食べているとき、おばあさん2人組から、綾広の滝を経由して帰ったらどのくらいかかるか聞かれ、 ここを検索して2時間と書いてありますと答えたのだが全然違っていた。休憩所から引き返したんだと思うが悪いことをした。

Img_2494

14:09御嶽駅到着。

Img_2496

| | Comments (0)

November 15, 2019

一人ハイキング 神奈川県 大野山

11月7日(木)
7時半頃のバスに乗りJRの駅に。東京で東海道線の快速でに乗り換え、国府津で御殿場線に乗り換え、10時20分に谷峨に着いた。

Img_2305

駅の近辺には昼食を買えるような店がなく、道路沿いにも店はなさそうだった。

Img_2307

下山してから食べることにして歩き始めた。

Img_2309

奥に見えるハゲ山が今回の目的地、大野山

Img_2310

道すがら富士山が見えた。

Img_2312

10:50舗装された道から登山道らしい細い道に入る。

Img_2313

時間の書かれた標識を見かける。これは大野山55分と書かれているのだが、しばらく歩いたあとまた大野山55分という標識に出会う。10分くらいは許容範囲なのかもしれない。でも、後で調べてみると後で出てくる標識が本物と考えると意外に正確だった。

Img_2316

何回か舗装された道に出たりするのだが、この建物はトイレ。11:05

Img_2317

11:24ここから上はハゲている部分。ススキの原を登っていく。

Img_2323

帽子が必要。日射しがきつく暑い季節にはこの山は不向きかもしれない。

Img_2324

半袖Tシャツでも汗をかいたが、風も出てきて気持ちよかった。

Img_2325

富士山や相模湾が見える。

Img_2337

絵になりそうな風景が気持ちいい。

Img_2330

12:05山頂到着。723.1m

Img_2342

山頂はイベントも開けるちょっとしたスペースがあったが、眺めはすごくいいわけでもない。富士山や相模湾なら途中の方がよく見える感じもするが、山々や色々な方向は見ることができる。

Img_2348
12:20山北方向に下山開始。長い階段を降りる。

Img_2356

振り返ってみると天国への階段。

Img_2358
登ってくる人には地獄かも。
階段が終わるとふつうの山道

Img_2359
13:03舗装された道に出た。振り返って撮影。

Img_2364
13:20ごろセンターラインのある車道に出た。

Img_2372
13:46駅まではすぐだったが、「さくらの湯」に寄って行こうと線路の反対側へ。

Img_2378

谷底のような所を電車が走り,両側には民家が並ぶ。

Img_2373
木曜日は定休日だった。

Img_2379
13:55山北駅到着。

 Img_2383
駅前のレトロな一角。

Img_2381

14:08の列車にのり、自宅最寄駅には17時前に着いた。

| | Comments (0)

October 22, 2019

ひとりハイキング 埼玉県 天覧山・多峯主山

10月3日(木)

私にとって秋のシーズン開始となった低山ハイキング。今回は、飯能市にある天覧山と多峯主山(とうのすやま)に行った。
天気は曇りの予報で、眺めは良くないだろうが、まだ気温も高く晴天よりむしろ歩きやすいかもしれないと思い、息子を学校に送り出したあと、思い立って出かけることにした。それから調べ始めたので、出発が遅くなり、家を出たのは8時を過ぎていた。
飯能までは新木場で乗り換えると、有楽町線が西武池袋線に直通になっていたのですごく楽だった。しかも時間のせいか混雑もしなかった。
 飯能駅に着いたのは10時半頃だった。駅の観光案内所で良くできたイラストマップをもらった。

Img_2203

 街中を歩いて能仁寺脇の天覧山登り口には11:10に着いた。

Img_2206
十六羅漢あたりから岩の階段になった。岩場と書いてあったが、大したことはなく、あっという間に天覧山山頂に着いた。

Img_2214

11:27天覧山195m

Img_2217

イラストマップによると、アニメ「ヤマノススメ」で主人公が最初に登った山となっているらしい。

Img_2220

11:32下山開始、多峯主山に向かう。

Img_2222
後でわかったが、見返り坂というらしい緩やかな上り。

Img_2224
岩の階段を上る。右側に緩い鎖場があったが、子供専用となっていた。

Img_2231

12時頃多峯主山271m到着。

Img_2233

昼食をとる。眺め良し。

Img_2242

12:30下山開始。

Img_2243
御嶽八幡神社、こぢんまりといしている。

Img_2246
岩の階段を降りていく。

Img_2249
ふもとにおりると彼岸花が咲いていた。12:50

Img_2252
道路まで出て、バス停はあったが、せっかくだから吾妻峡に行ってみようと思い、少し歩いて1時頃に到着。

Img_2255

兎岩

Img_2259

20分くらい川沿いを歩き、バス停からバスに乗って飯能駅に。

飯能14:07発西武池袋線で秋津乗り換え武蔵野線に。
家についたのは16:40頃だった。

| | Comments (0)

September 29, 2019

ひとりハイキング 東京都高水三山

  いろいろあってちょっと気分が滅入ってきたので、暑さもやわらぎ、天気もまあまあだったし、 気分転換のためにハイキングに出かけた。

9月20(金)8時前のバスで駅に出て、青梅線の軍畑に着いたのは10:26だった。軍畑駅から歩いて御嶽駅に至る高水三山のコースである。

Img_2080

駅前に小さな売店があり、昼食用のパンを買った。いつも昼食を用意してくるのを忘れてしまう。

Img_2085

しばらく道路を歩く

Img_2089

登山道入り口の標識まで20分くらい

Img_2094

釣り堀(跡?)からは山路に入る。駅から30分くらい。

Img_2097

Img_2099

 いろいろな風景があって山路は楽しい。

Img_2100

Img_2101

この道しるべで駅から1時間くらい

Img_2105

さらに登り

Img_2106

駅から45分くらい。

Img_2108

さてどうしよう。せっかくだから常福院に行ってみよう。

Img_2111

正解

Img_2112

高水三山というとここの写真があげられることが多いような。

Img_2113

紅葉の季節は賑わうんだろうな。駅から1時間30分くらい。

Img_2114

高水山山頂は常福院から10分たらず。標高759m。
Img_21171
山頂の眺めは悪く、ベンチがあるだけ。

Img_21172 

売店で買ったメロンパンを食べてすぐに出発。12:15

Img_2119

尾根歩きで岩茸石山を目指す。曇り空がちょうどよかった。

Img_2120

12:44岩茸石山到着。標高793m。

Img_2124

ここが一番眺めがよい。遠くの街並みも見渡すことができる。

Img_2125

12:54 惣岳山に向けて出発

Img_2129

尾根を歩く

Img_2130

台風の影響か回り道。そのおかげで急に開けた風景。

Img_2134

岩を登る。こういうのも楽しい。でもたいしたことはなかった。

Img_2139

13:28惣岳山到着。

Img_2141

山頂には金網に囲まれた社があるだけ。

Img_2143

すぐに下山。ひたすら下る。

Img_2147

14:38御嶽駅到着。

Img_2149

久しぶりのハイキング。やはり、気分転換になってよかった。

 

| | Comments (0)

June 13, 2019

妻とハイキング 神奈川県大楠山

6月1日(土)

毎週恒例の妻とのハイキング。今回は神奈川県大楠山。

8:30自宅近くの駅を出発して、逗子駅に10:14に着いた。ここでも妻がそばを食べたいというので駅そばを食べた。

10:29バスに乗り、葉山御用邸のあたりを通って10:52前田橋というところで降りた。

 

Img_1839_1

11:07川沿いの遊歩道があって、ここを歩かなければならなかったのに、十分調べていかなかったので、つまらない普通の道を歩いてしまった。

 

Img_1840_1

11:19遊歩道と合流。登山道となる。

Img_1841

 

12:00レーダー雨量観測所到着。

Img_1844

 

その季節には菜の花やコスモスでいっぱいになるらしいが今は何もなかった。

Img_1845

 

そこの展望台にも上ってみる。あまり、人が来ていないのかもしれない。後で大楠山山頂の展望台に登ることを考えると個々は省略してもいいのかもしれない。

Img_1848

Img_1850

 

大楠山山頂を目指してさらに進む。

Img_1851

 

12:18大楠山山頂到着、展望台に

Img_1854

油壺、三浦方面。妻はこの油壺の風景が気に入った。海岸近くまで建物が並び、平野が続き、山が近くに迫っていない風景が面白いという。

 

Img_1856

360°見渡せる。天気が良ければもっと眺めが良かっただろう。

 

Img_1859

山頂は広場になっている。

 

Img_1860

ここに阿部倉温泉と書かれていたので、その方向に下山。12:27

 

Img_1861

 

しょうぶ園方向に

Img_1864 

 

Img_1867

 

休業中と書かれているが、とりあえず行ってみることに。

Img_1873 

 

第2・4金曜日電話予約必要と書いてある。

Img_1872

 

1 2:59阿部倉温泉到着。やはり1軒宿。障子紙もビリビリになっていて、ずいぶん使われてなさそう。引き返す。Img_1871

 

アスファルトの道を歩いてバス道を探す。

13:15広い道路に出た。衣笠まで歩くことにした。

Img_1876 

14:00衣笠駅到着。

Img_1877

 

| | Comments (0)

June 12, 2019

妻とハイキング 神奈川県湘南平、高麗山

5月25(土)恒例になりつつある妻との低山ハイキングで、今回は神奈川県大磯の湘南平と高麗山にいった。

息子を部活に送り出したあと、最寄り駅7:45の電車で東京へ。東海道本線に乗り換え、大磯には9:43に着いた。

Img_1784 

住宅街を歩いて登って行った。住んでいるのか別荘なのか、海の見える眺めの良い立地はおしゃれに思えた。でも坂の多いところは生活は大変だろうな。

 Img_1786

高田公園の脇を行くと登山道らしくなっていく。この時10:12。

Img_1788

Img_1790

 

10:50湘南平(高麗山公園)到着。

Img_1798

公園のようになっていて、展望台もあり、眺めが良い。富士山も見える。

Img_1800

伊豆半島方面

Img_1801 

 

三浦半島、房総半島方面

Img_1808

 

東京、北関東方面

Img_1807

 

大山も見える

Img_1806

 

そんなに期待もしていなかったが、素晴らしい眺めである。空気が澄んですっきりしていたらもっとよかっただろう。

売店で「おでんうどん」というおでんにうどんを入れたものを遠くに大山を見ながら食べた。具は多いが天ぷらうどんの方がよかった。

 

Img_1811

 

11:45ごろ高麗山に向けて出発。高麗山までは1.2km。出発してすぐに浅間山があるはずだがわからなかった。

Img_1817

Img_1820 

 

12:18高麗山に着いたが、小さな広場と小さな祠のようなものがあるだけ。

Img_1825

やはり朝鮮半島と関連があるらしい。

Img_1826

すぐに下山開始。

Img_1827

12:30男坂を選んだが、たいしたことなかった。

Img_1828 

12:32高麗神社

Img_1831

道路に出た。大磯まで歩いた。

Img_1835 

 

| | Comments (0)

June 03, 2019

2人でハイキング 神奈川県鷹取山

5月19日(土)妻を連れて神奈川県の鷹取山に行った。

自宅近くの駅を8:30に出発。妻を連れてゆっくり出発しても夕方には帰ってこれる手頃な低山が神奈川には多い。

東京で東海道線に乗り換え、横浜で京急の特急に乗り換え、「神武寺駅」で降りたのは10:23。横浜で並んだが、ほとんど座って行けるのがいい。

Img_1742

Img_1743

 

案内板がほとんどない所もGoogleMapのおかげで迷わず歩けた。

住宅街を歩いて老人ホーム?の脇を入るとようやくハイキングコースらしくなった。10時40分

Img_1744

石の多い道を登る。

Img_1746

今日のTシャツは先日コンサートに行ったWishboneash

Img_1779

 

10:58神武寺に到着。

Img_1751

ハイキングコースと書かれた小さな標識のある脇の階段を上って行く。

Img_1752

送電線をこのあたりに集中して通してある。

Img_1755

岩の間をすり抜ける。

Img_1756

11:19鎖場もある。

Img_1760

11:27突然現れる岩壁。クライマーの練習場?

Img_1763

さらに上に登る。

Img_1766

11:34頂上展望台からはほぼ360度の眺め。

Img_1769

Img_1770

11:52磨崖仏

Img_1773

雑誌に出ていたコースはここから引き返すようになっていたが、この脇を奥に行っても追浜駅に行けそうだったので先に進み、住宅街に降りて駅にむかった。

Img_1775

追浜駅に着いたのは12:20頃だったか。妻が蕎麦を食べたいと言い出したので蕎麦屋を探したがなかったので磯丸水産にはいった。

Img_1776

帰りの京急は座れなかった。

低山だったが、変化があって楽しかった。

| | Comments (0)