« カラスの仕業 | Main | 愛用品 »

April 03, 2022

〇だちの日に

還暦少し前、まだ仕事をしていて、ちょっとしたきっかけで少し鬱っぽくなったことがあった。心療内科に行ってもらった薬が結構強かったらしく、1回飲んだら不安はなくなったが、何も考えられないボーっとした状態になった。ちょっと怖くなって飲むのをやめた。

そのころからだろうか、「〇だち」がないことにふと気が付いた。オスとしての子孫繁栄の行為はずいぶん前からなくなり、それどころか雑誌のグラビアを見ても何も反応しなくなったのであるが、生理現象かな?と思われる「〇だち」もないということに小さなショックを受けた。まあ、仕方のないことだろうと思っていた。

身体の不調はいろいろあるが、その一つに頻尿がある。夜などは4回くらいトイレに起きる。たぶん歳で前立腺肥大になっているだろうからしかたないと思っていた。仕事をやめて時間があるので病院の泌尿器科に行ってみた。

尿検査の後、エコーの検査があった。尿がまだ少し残っているということだった。意外にも前立腺肥大は初期だと言われた。処方された薬はタダラフィル5mgだった。血流をよくするらしい。

Img_4107

飲み始めた時は、夜間の排尿が2回くらいに減った。それだけでもずいぶんよかった。しばらく飲むと、朝起きた時に、あれ?と思うことが多くなった。何年振りかの〇だちである。検索してみるとED治療薬の成分らしい。量を多くすればED治療薬として使えそうだ。

ちゃんと容量を守って飲んでいるが、〇だちがあるとなんだかうれしい。

|

« カラスの仕業 | Main | 愛用品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カラスの仕業 | Main | 愛用品 »