« December 2019 | Main | February 2020 »

January 14, 2020

やる気が出ない

 週半分の勤務になって約2年。ちょっと振り返ってみる。

 2年前は、できた時間でどんなことをやろうかと楽しみにしていたが、最初の1,2ヶ月は職場が変わったせいもあり、落ち着かなかった。雑用をこなすだけで、日々が過ぎ、何か達成感がほしくてハイキングを始めた。

 その後、いろいろやりたいことができ、いろいろなことに手を出した。
 楽器を習うのもその一つ。ベースなどは結局基礎からやり直さないとわかり、毎日、ベースの練習、発声練習、ギターやピアノの練習も少しやっているうちに昼になり、たくさん録画しているテレビ番組をDVDにダビングしたりして1日が終わってしまう。


 あれをやらなくちゃと思いついては、その場所に歩いて行っては別のことを思いつき、なかなかはかどらない。


 そうこうしているうちに、全てのことにやる気がなくなってきた。とくに去年の夏以降、またプチ鬱になったんじゃないかなと思うくらいである。ホルモンバランスの問題かもしれない。

 そして現在、これまでの失敗や息子の半端じゃない反抗期のこともあって、やっとで生きている感じである。

| | Comments (0)

January 11, 2020

DVD-RWがすぐにダメになる

 DVD-RWは、確か、1000回くらい書き換え可能とか書かれているが、多分5,60回でダメになっている。

記録層に空気が入ったような色の違った部分ができるとダメみたい。

Img_2775

 

テレビ録画をして、それを車の中に持ち込んだりしているので、そのせいもあるかもしれないが、室内だけで使っていても割に早くダメになる。

1000回なんてもたない。

| | Comments (0)

January 04, 2020

家族でハイキング 筑波山

12月28日(土)

息子の年内の部活の練習が終わり、天気も良さそうなので、妻と3人でハイキングに出かけることにした。
7時過ぎに家を出て、つくば駅に着いたのは8:45。9:00のバスに乗り、50分弱でつつじヶ丘に。バスはちょうど満席で立っていたが、意外に苦ではなかった。

Img_2659

9:52ガマガエルのガマランドの脇の登山口を登り始める。一番楽な「おたつ石コース」を選んだ。

Img_2661

大きな岩がゴロゴロした道を登っていく。最初のうちは日なたの道なのですぐに長袖Tシャツ一枚になった。

Img_2664

弁慶茶屋跡地で白雲橋コースと合流後、
10:35弁慶七戻りという場所に。

Img_2670

これ以降、大きな奇岩がいくつもあって面白い。

Img_2688

Img_2694

  11:15女体山頂上に。877m

Img_2700

山頂は狭く、次の人が待っていたので写真は最小限にした。
スカイツリーも富士山も霞ヶ浦も見えたが霞がかかっていた。
すぐに男体山を目指した。
途中、ガマ石という巨石があって、口の中に石を投げ入れるとご利益があるということで3人とも入るまで投げ続けた。
道は前日雨が降ったせいで滑りやすく、妻も滑らせ休みながら歩いた。
11:50御幸ヶ原到着、建物の屋上の「コマ展望台」に

Img_2714

眺めは良いが、この日はやや霞がかかっていた。

Img_2711mov_000005636

Img_2712mov_000008840

女体山方面

Img_2713

「コマ展望台」の建物の中のレストランで昼食のラーメンを食べた。
12:35男体山に向けて出発。

Img_2720

階段が続く

Img_2721

12:45男体山頂上到着。

Img_2723

女体山よりも山頂感が乏しく、眺めもこれまでいい眺めを味わってきたので感動はなかった。でも下の町並みはよく見えた。

Img_2726

また御幸ヶ原まで戻り、「御幸ヶ原コース」を下って14:00に筑波山神社に着いた。

Img_2727
少し下ったところのバス停から14:40のバスに乗り、17時前には自宅最寄り駅に着いた。

反抗期を迎えた中2の息子の素直な姿が見れて穏やかないい1日だった。

| | Comments (0)

忘れ物が多い

最近、忘れ物が多い。

この間、ハイキングの帰りに手袋の片方をどこかに落とした。

Img_2769

その前は買ったばかりの折りたたみキーボード。

やはりハイキングの帰りに多分電車の中に忘れたんだと思う。

買ってみてキーボードを広げてみたら人間工学だかなんだがで真ん中に隙間があってしかも傾いているので打ちづらい。

慣れの問題かなと思ったが、慣れる前になくしてしまった。

失せ物、極めつけは印鑑。去年の夏頃になくした。警察にも届け、心当たりに連絡したがわからなかった。

歳かなと思うけど、そのたびに落ち込んでいる。ただでさえ鬱気味なのに。

| | Comments (0)

January 03, 2020

一人ハイキング 東京都大岳山

12月15日(日)
混むだろうからとハイキングは休日を避けていたが、花や紅葉のシーズンじゃなければ良さそうだし、息子は部活で家にいないし、妻は最近疲れているのか寝ている事が多いので出かけることにした。
7:40頃最寄り駅から電車に乗り、ケーブル御岳山に着いたのは11:06だった。前回より30分くらい遅い。
ついこの間来たばかりだったので、迷わずさっさと歩いた。大岳山へは奥の院と鍋割山を経ていくコースもあったが、早く帰りたかったし、ビジターセンターで聞いたら最短コースでも5時間かかると言っていたので、最短コースで行くことにした。
紅葉は終わっていた。

Img_2603

11:25御嶽神社にはいかず左に

Img_2604

長尾平では右の大岳山方向に

Img_2606

11:30奥の院方向への分岐
左の大岳山直行

Img_2608

11:45先日折り返した分岐に到着

Img_2609

やや傾斜のある道

凸凹がないので歩きやすい。

Img_2611

12:00このあたりからがアクバ峠なんだろうか。尾根道を歩く。

Img_2613

12:09岩場が始まる。

Img_2619

最初の内はたいしたことはなかった。

Img_2621

12:24大岳神社の鳥居をくぐる。

Img_2624

12:30これを登ったら頂上かなと思ったら、急な岩場の始まりだった。

Img_2626

なかなかの岩場

Img_2627

12:38大岳山山頂到着1266.4m
富士山がよく見えた。

Img_2634

風もなく日なたにいれば暖かかった。長袖のシャツで過ごせた。
山頂は思ったより狭かった。3,40人はいたかな。
昼食はさっさと済まし、頂上滞在15分くらいで12:55下山開始
来た道を引き返す。

Img_2636

岩場は降りるときのほうが危ない。
岩場が終わってからはかなり早足で歩いた。

13:46奥の院分岐に到着
天狗が腰掛けるのはあそこかな。

Img_2639

14:05ケーブル御岳山到着
往復3時間だった。
14:15ケーブルに乗り、
最寄り駅に着いたのは17:20くらいだった。

| | Comments (0)

« December 2019 | Main | February 2020 »