« November 2019 | Main | January 2020 »

December 29, 2019

ハンドルカバーをかけた

車のハンドルの皮?がすりきれてざらざらした手触りになった。

Img_1914

見た目も良くないので、ハンドルカバーをつけることにした。

少し高かったが、シートカバーと同じ「クラッツィオ」というメーカーにした。

Img_1913

Img_1916

Img_1917

つけてみると太い丸太を握っているような違和感。

7月につけて、ようやく違和感がなくなってきた。

| | Comments (0)

無性に食べたくなる

カップやきそばは時々無性に食べたくなる。

最近はずっと「一平ちゃん」。

3分間をきっちり守り、その後、ほぐして水分を飛ばさないとうまくない。

Img_2652

| | Comments (0)

一人ハイキング 栃木県大平山

    12月8日(日)
仕事のない平日になかなか晴れにならないので、日曜日だったがハイキングに出かけた。
8:30最寄駅を出発。東武日光線の新大平下に着いたのは10:32だった。

Img_2504

Img_2505
大平山への道案内板は小さいので見落としそう(写真だと大きく見えるが)。直前にハイキングコースマップを検索しておいて良かった。

Img_2508_20191229115001

たぶんあれが大平山だろう。

Img_2510

客人神社のところで右に石段が見えてそこを登るのか迷って人に聞いた。そこではなく左に少し歩くと石段があった。11:10

Img_2512
なだらかな登り。

Img_2517

紅葉

Img_2518
11:32ちょっとにぎやかな道に出た。どうやら謙信平に続く道らしい。

Img_2523

謙信平はこの手前を左に曲がるのか、すぐ先の階段を上がるのか、道路をまっすぐ行くのか、この標識では迷ってしまう。

Img_2524_20191229121101

結果は道路をまっすぐでも、この階段を上ってもよかった。でもこの手前を曲がったらどうだったんだろう。

11:43謙信平到着。関東富士見百景なんて書いてある。でも、今日は霞んで見えず。

Img_2529

Img_2528_20191229121401

謙信平の由来が書いてある。

Img_2533

道を挟んで店が並び、紅葉の下で絶景を見ながら食事できる。少し前だったら大賑わいだったろう。

Img_2535

Img_2536

ローソンで買ってきた昼食を食べた。

少しさらに歩いて登山口を探す。この売店の左奥が登山口。

Img_2545

11:58登山口

Img_2548

12:14大平山神社到着

Img_2552

大平山頂の文字が小さい。この階段を上がる。

Img_2556

道を塞ぐように張られている。

Img_2565

道標をもう一度見るとやはりこの方向。

Img_2564

くぐって正解。

Img_2566

Img_2568

12:33冨士浅間神社となっていた。

Img_2570

本当の山頂はこの裏手にある小高いところ。木にくくりつけられた「大平山 標高341M」の場所か。12:35

そこは半径5~6mしかない場所。

Img_2572

すぐに下山開始。先に進む。ときどき舗装された道に近づいたり交差するので迷う。

Img_2578

右のハイキングコースらしい道を進む。

12:50ぐみの木峠に到着。晃石山には行かず、大中寺方向に。

Img_2581

13:10大中寺は大きくて立派なお寺。

Img_2584

舗装道路を少し歩く。

Img_2587

道路とほぼ平行にはしる道を歩く。

Img_2590

謙信平あたりを眺める。

Img_2591

13:50新大平駅到着

Img_2594

自宅最寄り駅には16:42に着いた。

 

 

 

| | Comments (0)

December 20, 2019

冷凍担々麺

最近は冷凍でおいしいものが増えた。

この担々麺も気に入った。

以前は車で30分以上かけて丸源ラーメンまで食べに行っていたがもうこれで充分。

これに慣れてしまうと、久しぶりに行った丸源の担々麺もあまりおいしく感じられなかったのが不思議だ。

Img_2598

しかし、実はこれも最近飽きてきた。

| | Comments (0)

December 16, 2019

一人ハイキング 東京都 御岳山

12月5日(木) 

7時過ぎに最寄駅から出発し、御嶽駅に着いたのはは9時46分

Img_2395

バス、ケーブルと乗り継いでケーブル御岳山駅には10時27分に着いた。

  Img_2396

御岳山には以前2回ほど来たことがあるが、山楽荘という旅館に泊まって飲んだだけだった。バスを降りてケーブルの駅まで急な坂を歩いたなとか、ケーブルの御岳山駅から集落まで歩いた感じとか、武蔵御嶽神社の階段とかよく覚えていた。

Img_2413

紅葉はもう終わりの頃だったが、少し残っていた。

Img_2421
まずは武蔵御嶽神社にお参り。11:04

Img_2429
11:16ちょっと歩いて長尾平の展望台に

Img_24332

Img_24341
11:30不規則な石の階段をひたすら降りる。

Img_2435  
11:43七代の滝

Img_2437
金属製の階段を上る。

Img_2442
11:55天狗岩に到着
岩に登る短い鎖場が楽しい。でも降りるときはちょっと怖い。

Img_2443

岩の上に天狗

Img_2452
そこから少し下る

Img_2454
川沿いに歩いて上る

Img_2459
12:16このあたりがロックガーデンなんだろう。

Img_2468
トイレのある休憩所で昼食
12:30出発

Img_2472

12:41綾広の滝到着

Img_2478

12:47御嶽神社方面に帰る分岐に到着

Img_2482

軽トラなら通れそうな普通の道

Img_2484

13:04 長尾平に帰着

Img_2487

13:25ケーブル御岳山駅帰着
ロックガーデンの休憩所から55分だった。そこで昼食を食べているとき、おばあさん2人組から、綾広の滝を経由して帰ったらどのくらいかかるか聞かれ、 ここを検索して2時間と書いてありますと答えたのだが全然違っていた。休憩所から引き返したんだと思うが悪いことをした。

Img_2494

14:09御嶽駅到着。

Img_2496

| | Comments (0)

« November 2019 | Main | January 2020 »