« January 2019 | Main | March 2019 »

February 24, 2019

尿管結石の痛みに襲われる

 1月17日(木)の早朝(というか真夜中)0:30頃、寝ている最中に腰のあたりの痛みで目が覚めた。いくら寝ている姿勢を変えても痛みはなくならない。

 仕方なしに起きてみたが、痛みの原因がわからない。腰痛持ちではあるが、どうも右側に痛みを感じる。激痛というほどではないが、どうにもおさまらないので、リビングをうろうろ歩き回っていないと耐えられない。ネットで検索してみると、結石ではないかと考えられた。

 しかし、人間ドックで、腎臓結石があると言われているのは左側である。とにかく耐えられないので、当番医を検索し、電話をした。状態を話し、すぐに受診することになった。

 台所を見ると、妻が飲んだ缶チューハイの空き缶があったので、妻を起こしたところで車の運転はできない。痛みはあったが、激痛というほどではない。自分で車を運転して行くことにした。ところが、車を走らせると、体勢が良くないのか激痛が走った。座席をずらし、足を伸ばして運転したりしたがおさまらない。それでもたかだか5,6分の距離である。しかも真夜中で車も少ない。我慢して運転した。

 総合病院に着くと、割と早く診察を受けることができ、CTを撮ることになった。夜間だと診察だけしかできないとおもっていたがありがたい。CTの中に入っても痛みがあり、じっとしていられるか不安だった。

 ところが、CTの撮影の最中から突然痛みが消えた。その後診察を受けたが、どうやらその時に尿管から膀胱に結石が落ちたようで、CTには膀胱にとっても小さな石が見えた。痛みが治まって、ほっとして家に帰った。

 翌日、同じ病院の泌尿器科jを受診したが、膀胱にある石が尿とともに出てくるであろうから、できたら採取してくださいと言われた。そのためにはトイレに行くたびに紙コップに出さないといけない。そんなこと無理に決まっている。無茶なことを言う医者だ。石を排出しやすくなる薬を2週間分もらって帰ったが、結局、採集などできるはずもない。便器に落ちて採集できたらするつもりだったが、紙コップまでやらなかった。

 結局そのまま普通に生活していたが、とても小さかったのでいつの間にか尿とともに出たのかもしれない。それより、左側の腎臓結石はCTに写っていて、3ミリくらいあるので、それが落ちてくることが恐怖である。それより遙かに小さいものでこの痛さである。

| | Comments (0)

February 23, 2019

二人でハイキングその2 山梨県岩殿山

 1月11日、またまたパパ友に誘ってもらって大月の岩殿山に行った。
 指定席の予約までしてもらっていた船橋6:53のあずさ3号に乗った。自分ひとりでは、当日の天気が心配だったり、思い切れなかったりでなかなかできないことだ。

Img_1346_2

8時半頃、大月の1駅前の猿橋で降りた。駅から岩殿山が見えたが、岩殿山とは反対の山を経て岩殿山に向かう
コースもつくってもらっていた。

Img_1347_2

8:54道路を歩いて「久鬼山」方面に向かう。

Img_1348_2

9:03山道に入る。

Img_1350_2

けっこう急な登りが続く

Img_1354

9:40神楽山に向かう

Img_1362

9:42神楽山山頂は眺めもよくなくて、なんてことはなかった

Img_13651_2

引き返して御前山に向かう

Img_1367_2

10:00御前山山頂は眺めが良く、富士山も見えた。

Img_1373

下山の途中で崩れた場所があって、スリリングだった。

Img_1383

11:00道路まで降りて、コンビニに寄った。コンビニ駐車場から岩殿山を眺める。

Img_1389

11:26道路から岩殿山入り口の階段に入る。

Img_1394

階段が続くと思うとげんなり。

Img_1397

でも、それほどでもなかった。

Img_1400

12時ごろ山頂到着

Img_1403

富士山も見えて眺めは最高

Img_1414

カップラーメンで昼食

Img_1413

さらに進むとやや高いところがあるが電波の中継所のようなものがあるだけ

Img_1417

12:50頃下山開始、来た道を少し降りて、13:10分岐を稚児落としに向かう。

Img_1420_2

鎖場が何カ所かあった。けっこう急な登り。

Img_1424

Img_1425

岩殿山には、約30年前に来たことがあった。その時の記憶はほとんどないが、崖に沿って歩く鎖場の写真が残っていたので、ここだけはかすかに記憶があった。でも、現在は立ち入り禁止になっていた。

Img_1434

稚児落としの岩肌のすごい迫力。それを見たら記憶がよみがえった。

Img_1449

14:00稚児落とし到着。

Img_1462

下山して、民家のあるとこまで来たのが14:25、駅に着いたのが15時ちょっとすぎだった。

Img_1465

帰りもあずさを予約してあったが、まだ時間があったので、快速に乗った方が早く帰れる。ということで、快速に乗って帰った。

| | Comments (0)

February 10, 2019

ネット詐欺にあう

1月6日
 趣味にしているDTM打ち込み用のリアルなチェロ音源が欲しくて、クリス・ハイン・ソロ・チェロ(CHRIS HEIN SOLO CELLO)を買おうとネットで検索したところ、たいていは2万9千円以上するところ、23,187円で売っているところを見つけた。

 早速、購入手続きをすると、返信メールが来て、そこに書かれてあった振込先のゆうちょ銀行に振り込んだ。

 振込入金確認したというメールが来て、商品が届くのを待ったが、来ない。

 届いていたメールの商品ページらしいアドレスを打って開いてみたが、yahooのトップページに飛んでしまう。よくメールを見てみたら、会社名が書いてない。そういえば、銀行振り込み直前のメールに「今セール中なので、本日より二日間以内にご入金の場合、1000円の値引があります。」などと書いてある。払い込もうという直前なのに。この時点であやしいかなとも思ったのだが、こんなマニアックな音源ソフトで詐欺はないだろうという思い込みが油断させた。

 振り込み先は会社名ではなく、個人名になっていた。ネットで検索してみたら、それは典型的な詐欺のパターンらしい。

 22,187円の人生勉強となった。ネットで検索していると、泣き寝入りは良くない、警察と銀行に連絡することだと書いてあったので、まずは警察に連絡した。
 まもなく警察官が来て、状況を説明した。どうしたいのかと聞かれたので、まあ、無理だろうとは思ってはいるが、泣き寝入りは良くないと書いてあったから、と答えた。市の消費生活センターに連絡した方がいいと言われたので、そこに連絡したが、案の定何もならなかった。
 ゆうちょ銀行にも電話した。その口座を凍結して、その口座に残金があれば、被害者で分ける手続きをするということであったが、それがわかるのは何ヶ月も先らしい。でも、もうすでに残金はないだろうな。

↓これはバイオリンのバージョン
  クリックしてもAmazonの商品ページに行くだけです。
  フィッシング詐欺ではありません。
  商品の画像がほしかっただけです。


| | Comments (0)

ウイルス性胃腸炎?

12月24日クリスマスイブの夜中に突然下痢になった。夜中に何回も起きてトイレとの往復をしなければならなかった。

翌日も1日中下痢で、何も食べられなかった。もちろん仕事は休んだ。
たぶんウイルス性胃腸炎だろう。家族にうつらないように神経を使った。
こんなに激しいのは、息子が保育所時代にかかって、私と妻にうつったとき以来だ。

その2日後にはおさまったが、食事は1食だけ食べただけだった。おかげで体重は3kg減った。

幸い妻と息子は発症しなかった。私だけなのはどこで感染したんだろう。

| | Comments (0)

« January 2019 | Main | March 2019 »