« 耳コピ&多重録音 球根 / THE YELLOW MONKEY | Main | 還暦ハイキング 神奈川県弘法山 »

November 19, 2018

還暦ハイキング 神奈川県鍋割山・塔ノ岳

 息子の友達のお父さん、つまりパパ友に、最近、ハイキングをしていると話をしたら、よく山に行っている人で、今度一緒に行きましょうという話になった。そういうわけで、11月16日(金)に、丹沢の鍋割山と塔ノ岳に行ってきた。
 朝、5時に自宅まで彼の車で迎えに来てもらって出発。

Img_0985
東名大井松田を出て6時40分に大倉バス停近くの駐車場に着いた。

Img_0986
6:57に駐車場を出発、すぐ近くにバス停があった。電車&バスだと出発が9時ごろになってしまう。

Img_0987
標識を鍋割山方面に向かう。

Img_0989
朝陽が上がり、天気は上々。

Img_0990
ゆるい林道を歩く。

Img_1086
ヒルがいると言うことで、ヒルよけのスプレーを足にしてもらってあった。でも、見かけなかった。

Img_0991
8:05 1時間ちょっとで3.5km。

Img_0992
川を渡る。

Img_0993
林道は続く。

Img_0995

Img_0998
水やめんつゆやガスボンベが置いてあり、ボランティアを募っていた。私は2Lのペットボトルに入った水を持ち、彼はめんつゆ数本を持った。

Img_1002
8:38 ペットボトルを持って出発、鍋割山まで2.4kmの標識。ここから山道となる。

Img_1004

Img_1005
急な登り坂になる。

Img_1006

Img_1009
階段がきつい。
9:00 鍋割山まで1.7kmの地点まで到達。

Img_1015
木々の隙間から麓が見える。

Img_1018
天気も上々、最初は杉の植林だったが、ここまで来ると中低木になり日差しを浴びるようになった。

Img_1019
9:45 鍋割山まで0.8kmの標識。

Img_1023
最後の階段。

Img_1024
10:00 山頂到着。富士山が見える。

Img_1029
標高1272.5m

Img_10261
伊豆半島、真鶴なども見える。

Img_1033
鍋割山荘は10:30からだった。

Img_1034
お約束の鍋焼きうどん1000円をいただく。

Img_1037
11:05 塔ノ岳に向けて出発。

Img_1038
丹沢の山々。

Img_1042
江ノ島が見えて、三浦半島もうっすら見える。霞がなければ房総半島も見えるだろう。

Img_1045
12:00 大倉へ戻る道との分岐を塔ノ岳に向かう。

Img_1047
最後の登り。

Img_10541
12:15 塔ノ岳山頂到着 1491m

Img_1052
江ノ島、三浦半島、房総半島方面

Img_1053
伊豆半島方面

Img_1061
富士山方面、雲が出てきて、霞がかかっている。すっきり見えたら素晴らしい眺めだろう。
山頂でいれてもらったコーヒーを飲む。
13:05頃下山開始

Img_1065
13:15分岐を大倉方面に。振り返って撮影。

Img_1066
尾根に沿って下る。

Img_1070
素晴らしい眺め。

Img_1075
14:05 堀山の家到着。こういう所が多い。

Img_1077
ここはトイレがないが、トイレがあるところもあって助かった。

Img_1081
14:55 大観望には行かず、大倉に直行。

Img_1172
登山口付近にあるこの人形は何?

Img_1082
15:35駐車場に帰着。
これまで、往復3時間程度の歩きの低山しか行ってなかったが、私にとって8時間を超える山歩きは初めて。ゆっくり歩いてもらったお陰か、今まで積んだトレーニングの賜か、靴のお陰か、足が痛くなって動けなくなることもなかった(下りの木道歩きで微妙な気配があったが)。
このあと、車で渋滞にあいながら、家まで送ってもらった。家に帰ったのは7:30頃か。
とにかく、連れてきてもらったパパ友に感謝。

Img_1184


|

« 耳コピ&多重録音 球根 / THE YELLOW MONKEY | Main | 還暦ハイキング 神奈川県弘法山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 耳コピ&多重録音 球根 / THE YELLOW MONKEY | Main | 還暦ハイキング 神奈川県弘法山 »