« SonarからCubaseに乗り換えて その3 ルーラーとインスペクタ | Main | ひとりハイキング 神奈川県陣馬山 »

September 29, 2018

SonarからCubaseに乗り換えて その4 ドラムの打ち込み

 インストゥルメントトラックを作成し、ドラム音源のBFD3を立ち上げて打ち込もうと思ったら、これもスムーズにいかない。Sonarの場合は立ち上げるとフォルダの中に音源のトラックとMIDIトラックが1つ入って作られる設定で作業していた。Cubaseの場合は、インストゥルメントトラックを立ち上げてその中にMIDI データを打ち込むらしい。そういえばSonarもそんな設定ができたっけ。
 さあ、打ち込もうとドラムエディタとかピアノロールとかを表示させようとメニューの「MIDI」をクリックしたが、ドラムエディターはグレーアウトされている。ピアノロールはキーエディターの一部らしいが、これもグレーアウトされている。

Photo

 Cubaseでは、最初に「MIDIパート」というものを作らなければならないらしい。鉛筆ツールで範囲をドラッグするか、選択ツールでAltを押しながらドラッグで作成できる。範囲は後で変更できるだろうから2小節くらい作ってみた。面倒くさいがそれがCubaseの作法なんだろうし、なにかしら意味があるのかもしれない。

Midi

 できたMIDIパートをダブルクリックすると、下ゾーンにキーエディターが表示される。そこをドラムエディターに変更。

Photo_2

 拡大するために、右上矢印をクリック。当然、ドラムマップを変更しないとBFD3に対応していない。しかし、なんでドラムエディターの上下が逆なんだろう。バスドラが一番下にあるのが普通だと思ってた。

Photo_3

 ドラムマップを変更しようと、BFDのトラックをクリックして、左のインスペクタからそれらしきところをクリックしてみた。

Photo_4

 ドラムマップがGMしかない。でも、Sonarも、いつも使ってるBFD3やaddictive drums2のドラムマップがなくて、自分で作っていたっけ。なんだかよくわからないまま、「インストゥルメントからドラムマップを作成」というメニューがあったのでクリックしてみた。これは、Groove Agent用みたいだが、動作したので見てみた。BFD3用のドラムマップができたのかな?よくわからない。(後に、これを再現しようとしたらPCがフリーズするようになった。なぜだろう。)
 少し違うところもあるが、バスドラ、スネア、ハイハットあたりは鳴るのでこれをもとに改造していこう。ドラムの打ち込み開始。

Photo_5

上下逆は慣れかな。しかし、トラックに表示されるプレビューみたいなものはバスドラが下になってる。訳がわからない。

 後に、Cubaseを使っている人に聞いてみたが、その人はドラムマップを使わず、ピアノロールで打ち込んでいるとのこと。そういう人が多いのかな。

|

« SonarからCubaseに乗り換えて その3 ルーラーとインスペクタ | Main | ひとりハイキング 神奈川県陣馬山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SonarからCubaseに乗り換えて その3 ルーラーとインスペクタ | Main | ひとりハイキング 神奈川県陣馬山 »