« SonarからCubaseに乗り換えて その2 テンポの打ち込みが面倒 | Main | SonarからCubaseに乗り換えて その4 ドラムの打ち込み »

September 27, 2018

SonarからCubaseに乗り換えて その3 ルーラーとインスペクタ

 Cubaseでは、ルーラーが上下に分かれていて、上半分でループ再生などの範囲選択をして、下半分で再生位置のカーソルの変更をするようになっている。最初、これがわからず、戸惑ってしまった。

Cubase

 Sonarでは、ルーラーが上下に分かれているなんてことはなく、その上でドラッグすると範囲指定ができた。また、再生位置のカーソルの変更はトラック上のどこでもクリックすればよかった。なので、Cubaseのようにいちいちルーラーの狭い下半分までポインタを動かす必要がなかった。
Sonar

 また、Sonarではトラックレーンの左で、入出力やパンやエフェクトのインサートやセンドなどが設定でき、他のトラックの視認性も高く、左のインスペクタはプロチャンネルを使うとき以外は必要なかった。

Sonar_2

 Cubaseの場合、各トラックの左はスペースの割に操作できるものがなく、入出力やパンやエフェクトのインサートやセンドなど、いちいち左側のインスペクタで設定しなくてはならない。しかも、他のカテゴリの設定をしようとすると、いちいち折りたたまれてしまう。例えば、入出力やパンを表示するとインサートが折りたたまれてしまう。当然、選択しているトラックだけだから、他のトラックの状態を見たりするにはそのトラックを選択しなくてはならない。

Cubase_2

 まあ、他のトラックと比較しながら行う操作は、ミックスコンソールでほとんど行えるのかもしてないが、マウスを使う頻度は多くなった。

 単なる慣れの問題もあると思いますが、私にとってCubaseは、使いづらいことが他にもたくさんあって困っています。
 間違っていることや、もっといい方法があったら教えてください。

|

« SonarからCubaseに乗り換えて その2 テンポの打ち込みが面倒 | Main | SonarからCubaseに乗り換えて その4 ドラムの打ち込み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SonarからCubaseに乗り換えて その2 テンポの打ち込みが面倒 | Main | SonarからCubaseに乗り換えて その4 ドラムの打ち込み »