« SonarからCubaseに乗り換えて その4 ドラムの打ち込み | Main | GGって何? »

September 29, 2018

ひとりハイキング 神奈川県陣馬山

 9月28日(金)朝、天気が良かったので、急に思い立って、ハイキングに出かけることにした。目的地は次に行こうと考えていた陣馬山。
 雨が降っていたり、台風が近づいて来つつあったり、朝になるまで全く考えてなかったので、出発が遅れてしまった。朝7:35に家を出て、バスで駅に。中央本線の藤野駅に着いたのは10:10くらいだった。

Img_0574

 駅前の売店で昼食のサンドイッチとおむすびとスポーツドリンクを買い、朝食がわりのパンとコーヒーをベンチでとった。登山口までのバスがちょうどない時間帯だったし、歩いても30分くらいなので歩くことにした。
 ハイキングシューズを買ったばかりで、出かけたくてうずうずしていたのだ。

Img_0575

 歩き出したのは10:30だった。駅の観光案内所のおねえさんが言っていたように、奇跡的に良いハイキング日和だった。10:57登山口到着。

Img_0576

Img_0577

 左の一ノ尾尾根コースを選択。

Img_0578

 しばらく民家のあるコンクリートの坂道を登った。陽の光が暑く、すでに汗をかいた。帽子持ってきてよかった。
コンクリートの道が終わり、陣馬山4.0kmの標識からは山道に。

Img_0581

 ずっと日陰で、木漏れ日がある程度だったので良かった。心配したぬかるみもなく、湿っている程度だった。
ひんやりした風が気持ちいい。

Img_0582

 木の根が出ているところや急な登りもあったが、ゴツゴツした石もなく、時々緩やかなところがあり、そういうところにベンチがあったりして歩きやすい。

Img_0585

Img_0587

 時々、標識のない分かれ道があったが、そういう時は後で合流するから、歩きやすそうな方を選べば良い。
この後、左足のふくらはぎが痛み出した。

Img_0589

 だましだまし登ると、ちょうど一の尾テラスと書かれた休憩場所があり、そのベンチで休んだ。山頂まで2.0kmと書いてある。

Img_0593

 2、3分休んだら、おさまったようなので歩き出した。

Img_0595

 木の階段が始まるまで急な登りは大してなかった。

Img_0608

 建物が見えてきた。あれが山頂か。
この木の階段で右足の土踏まずあたりがつり気味になってきた。

Img_0609

 建物は茶屋だった。ビールが800円くらい。

Img_0611

 山頂(855m)に着いたのは12:47。白馬のモニュメントがある。

Img_0612

埼玉とか東京あたりの街が見える。唯一日陰だったベンチに運良く座れて昼食。

Img_06201

 13:17に下山開始。奈良子尾根コースで下山することにしたので、明王峠方面の標識に従った。

Img_0621

しばらく緩やかな下りが多かったが、水たまりがない程度のぬかるみが何箇所かあった。

Img_0622

 奈良子峠は標識があるだけ。

Img_0624

Img_0625

 草が生い茂る道を下る。下は杉の落枝の絨毯で足には衝撃が少なくて良さそう。

Img_0626

 舗装された道路に出た。
Img_0629

 と思ったら、また山道に。

Img_0632

 右の太ももが痛み出した。

Img_0633

 まもなく舗装道路に出た。

Img_0634

 14:25陣渓園という立ち寄り湯のできる旅館に寄った。1000円。

Img_0639

 ちょっとだけ川が見える。

Img_0641

 15時ちょっと前に歩き始めた。陣馬山登山口まで2kmで徒歩30分、ちょうどいいバスがないので、そこから藤野駅まで30分。合計1時間かかる。下りの舗装道路を前に歩いている人を抜いたりしてスタスタ歩いていたら、右の太ももと左の膝の後ろのあたりが痛み出した。

Img_0643

 少しセーブして歩き、登山口には15:20に着いた。

Img_0644

 電車を調べると、15:43に上りがある。頑張れば間に合うかもしれない。

Img_0647

 早足で歩き、踏切で止められたので、最後は走って間に合った。汗が滴り落ちた。

 東京駅でも京葉線乗り換え10分に挑戦。人混みを早足ですり抜けた。

 最後は最寄駅で生ビール。これがたまらない。

Img_0651

 3万歩は過去最高。

|

« SonarからCubaseに乗り換えて その4 ドラムの打ち込み | Main | GGって何? »

Comments

スーパーコピー時計N級品

ブランドコピー※スーパーコピー専門店、ロレックス、ルイ・ヴィトン、ウブロ、カルティエ
フランク・ミュラーなどの新品
、商品は100%の品質保証。専門ショップ・時計一」
「お客様第一」という信念を持ち、弊社は商品の値段を安く提供することに成功したため、
皆様を楽しくお買い物いただけるよう、心を込めて最高なスーパーコピー品をご提供
海外スーパーコピーのスーパーコピー
スーパーコピー時計、貴金属の(リサイクル品)のスーパーコピー販売・買取

ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
腕時計ショップ https://www.watcher007.com/watch/menu-pid-88.html

Posted by: 腕時計ショップ | September 10, 2020 09:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SonarからCubaseに乗り換えて その4 ドラムの打ち込み | Main | GGって何? »