« バースデイ ディナー | Main | パーティションの切り直し »

March 28, 2015

Cドライブの空きがすぐになくなる!

Windows8.1のパソコンのCドライブの空きがどんどんなくなる現象が起きた。

C_3

これまで100GBを越すことだって滅多になかったのに300GBを越した。仕方ないのでパーティションを切り直し、広げたが、すぐにまた一杯になった。ドキュメントやビデオの大きなデータファイルをDドライブに移して空きを作ったが、すぐにまた一杯になり、600GBまで広げたときにさすがにおかしいと原因究明に本腰を入れた。最初はウイルスを疑ったが、とりあえずフォルダごとの使用状況をしらべてみた。すると、ドキュメントの中のカスペルスキーのフォルダが300GB以上占めていることがわかった。

Glary_3

Kas_3

カスペルスキーのサポートに電話してみて、原因がわかり解決した。
それは、カスペルスキーの「サポート」-「サポートツール」にある「トレースを有効にする」ボタンが押されていたことが原因だった。

Photo_3

その機能を無効にし、作成された300GBのファイルを削除したら、Cドライブは90GBとなり、その後、異常にCドライブの使用量が多くなって空きがなくなくことはなくなった。その機能ははトラブルがあったときに、原因究明のためにサポートがユーザーに依頼して調査ファイルを作ってもらうためのものらしい。
それにしても、そんなボタンなど押した覚えはないし、結構深い階層にあるので、間違って押してしまったということは考えにくい。カスペルスキーに作用するウイルスだったんだろうか。

|

« バースデイ ディナー | Main | パーティションの切り直し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バースデイ ディナー | Main | パーティションの切り直し »