« December 2013 | Main | March 2014 »

January 26, 2014

Nexus7のフタ兼キーボードが壊れた

 Nexus7のフタ兼キーボードは、デザインはぴったりだし、本体を溝にさしこむとミニノートパソコンみたいになるし、キーボード配列は少し特殊だが、「日本語キーボード for Tablet」というアプリを使えば、windowsの入力とそれほど違和感なく使え、画面キーボードより遥かに快適に入力できて重宝していた。
 買って半年の間、かなり使い込むとキーボードにプリントされた白い文字が消えてきた。ほとんど覚えているので問題はないし、安かった(2000円くらい)のでしょうがないか。
 あるとき急にキーボードが認識されなくなった。原因をつきとめようとした矢先に、アスファルトに落としてしまって分解し、電源スイッチをなくしてしまった。
 ないと不便なので、また同じものを2000円くらいで買った。もっとしっかりしたものがほしいが、こんなにぴったりなものはない。あたらしいNexus7が出てしまったので、このフタ兼キーボードも買えなくなるかもしれない。こんど壊れたら本体ごと買い換えかな。

Dsc03820


| | Comments (0)

January 18, 2014

耳コピ&多重録音2014年1月 地球はメリーゴーランド

 「地球はメリーゴーランド」はガロの1972年2月リリースシングル曲で、私にとっては初めてお小遣いで買ったレコード。パイロット万年筆の「ミュー」のCMにも使われた。
 ガロは和製CSN&Yと言われ、ハーモニーが絶品だったが、「学生街の喫茶店」のヒット以来、アイドル路線に行ってしまい、がっかりした覚えがある。私にとってのガロは2枚目のアルバムまでだ。
 「Hello, It's Me」のコピーにかなり時間がかかったので、簡単な曲はないかとこの曲を選んだが簡単ではなかった。
 ドラムには初めてBFD3を使ったがプリセットのまま。ほしい音色を得るにはエディットが必要みたいで、私のようなめんどくさがりの初級者には気が重い。
 ベースは手弾きにこだわったがへたで、あまりにひどいので何カ所か編集した。この曲のベースを弾いていたのは山内テツ。当時、日本人でありながらフリーやフェイセズのメンバーであるということで記憶にあったが、今回ネットで調べてつながった。
 アコギは、音程がはっきり聞こえつつ、ピックのアタックが強調された音色の再現に、マイク2本での録音を思いついたが失敗し、そのときの1本での録音を使うということで力尽きた。
 ピアノの不協和音があるのもどう解決したらいいか分からず終わりにしてしまった。
 オーボエはSample Modeling社のOboe & English HornをAkaiのEWI-USBで吹いている。
 なんといってもボーカルは自分で聞いていて気持ち悪い。本当に、絶望的になるが、練習だと思って歌っている。高校のときはこの曲の最高音「ソ」の音がでなくてあきらめたが、今になってやっと出るようになって歌えたのがうれしい。原曲のボーカルは、今はなきトミーこと日高富明。
 意外に手間がかかってしまい、ストリングスも適当になってしまった。
 ドラムとベースが左に定位しているという極端なパンはこの時代の特徴なんだろうか。ブレッドもそうだった。
 MusicTrackにアップした。


画像はアマゾンへのリンクになっていますが著作権をクリアするためです。

| | Comments (0)

多重録音2013年6月 「I Talk To The Wind」 (アップし忘れ)

 楽譜もあるし、簡単かなと思って、 フルートとクラリネットをEWI-USBで演奏することに挑戦しようと始めた。
 ところが、クラリネットは移調楽器だし、バンド譜は実音だし、EWIはアルトサックスの設定になっているし、組み合わせに苦労しました。結局、EWIのトランスポーズはアルトサックスで指使いはEWIのままにして、SONARのMIDIエフェクターでトランスポーズした。
 フルートはフレーズが細かく速いのでかなり難しく、指使いからしてわからなかったので、EWI版のTAB譜のようなものを自作して練習した。

Ewi_tab

 完全に吹けるようになるには相当練習しなければならないが、別にプレーヤーを目指しているわけではないので、80パーセントくらいのスピードで吹けるようになったら、MIDI録音して補正しまくった。それでも1小節に1週間くらいかかったので、全部でかなり時間がかかった。
 Kontakt5のフルートの音がよかったので、それを使ったが、EWIとの接続設定がわからず、ベロシティやエクスプレッションの変化を対応させることができなかった。結局、楽譜を見てベタ打ちしたのと同じ。EWIの指使いの練習曲として使ったと思えばいいや、という感じで、自分の中では意味があった。
 今回、Music Trackというところにアップロードした。つい最近、参加したのであるが、今まで作ったものもアップロードしてみた。

<下書きの状態だったのを忘れていた。時期はかなり遅れてしまったが公開してみた>

|

« December 2013 | Main | March 2014 »