« July 2013 | Main | September 2013 »

August 30, 2013

子連れバリ島旅行 その4 島内観光

8月1日(木) くもりときどき雨
HISのオプションの島内観光「バリ達人ツアー」の日。
朝、6時25分に朝食会場に1番乗り。7時過ぎに部屋に戻り、8時15分にHISの迎えが来た。
ワンボックスの中の客は私たちだけだった。サヌールの方に向かって少し走ったところにある劇場でバロンダンスを見た。

201308011034171

201308011113461

サラサの店、銀製品の店、籐製品の工場兼店に寄った。

201308011244191

201308011303561

古い寺院に寄った。

201308011331291

キンタマーニ高原で昼食。霧で何も見えず、かろうじて一瞬湖と山が見えた。

201308011434291

201308011434292

棚田を見た。

Dsc03435

ウブドの町へ行ったのだが、雨が降っていてひどい渋滞だった。
ウブドは日本でいえば軽井沢みたいなところかもしれない。
本当はそこで散策自由行動の予定だったが、私たちが歩きたくないと言ったら、デンパサールの近くのスーパーマーケットに行くことになった。

201308011839491

スーパーではお土産用のチョコレートとお酒を買った。
サヌールの近くまで行って、ケチャダンスを見た。
その後、サヌールのシーフードレストランで夕食を取った。
ホテルに帰ったのは9時を過ぎていた。

| | Comments (0)

August 25, 2013

子連れバリ島旅行 その3 ホテルのプール

7月31日(水) はれ
 ゆっくり7時頃起床。ホテルでゆっくりする1日。朝食もゆっくり取った。

201307311028432

ホテルの池にはコイが泳いでいる。

201307311050461

鳥もやってくる。息子がコイと鳥にえさをやり出したら、近くの子供たちがまねしだした。

201307311157461

プールは眺めもよくてすばらしいものもあるが大人向けである。深いものが多く、120cmの息子には背が立たない。

201307311153381

子供用のプールは小さすぎる。息子はスライダーはやりたがらないし、私たちもすぐに飽きてしまった。
部屋に戻って、昼食はカップラーメン1個を分け、朝食会場から持ち帰ったピザを食べた。

Dsc03459

ミミズのような虫が廊下に這っている。そればかりか部屋にもいつのまにか現れる。苦手な妻がさわぐので、1日に4回くらい部屋の外につまみ出さなければならなかった。

201307311656551

3時くらいにホテルの車でリバープールに行った。日本によくある流れるプールかと思ったら、全然流れてない細長いプールだった。その奥に温水ジャグジーがあり、そこにずっと入っていた。妻が息子に泳ぎを教えた。

201307311656552

夜はホテルのレストランで食事した。よくわからず注文したら多すぎて、8000円くらいかかってしまった。

| | Comments (0)

August 24, 2013

子連れバリ島旅行 その2 レンボンガン島とディナークルーズ

7月30日(火) 晴れ
朝、妻は4時頃起床。私は目は覚めていたが、起き上がったのは5時頃。
朝食会場は6時30分からだったが、6時20分頃からうろうろしていたら早めに入れてくれた。

201307300737191

朝食はバイキングだったが、時間がなかったので早めに済ませた。
ツアーに含まれたレンボンガン島とディナークルーズに行く予定になっていた。
7時15分迎えでマイクロバスに乗り、クタを通ってサヌールに。

201307300837531

9時前にサヌールのビーチにあるインナグランドバリビーチホテルで誓約書などを書いた。

201307300913361

そのビーチから高速船に乗った。

201307300944391

201307300950181

30分くらいでレエンボンガン島のすぐわきに浮かぶHISの「海の上の家」に着いた。

201307301026271

そこではシーウオーカーやバナナボート、スキンダイビングができるのだが、私たちはただ泳いだだけだった。

201307301055081

201307301125261

珊瑚の海は透明度が高く、ゴーグルをして下をのぞけばきれいな魚が泳いでいるのが見えて十分だった。

201307301126031

11時30分頃、すでに見えていたレンボンガン島に渡った。

201307301221011

ビーチのレストランで昼食を取った。バイキング形式だが、品数は少ない。

201307301231102

そのレストランと回りにあるバンガローのオーナーのおじさんに話しかけられ、とうもろこしをもらった。
しばらくのんびりした。

201307301302121

201307301303301

1時30分に船に乗ってサヌールに帰り、インナグランドバリビーチホテルの客室で休憩した。古いホテルだが、休憩には十分すぎるくらいである。プールもあったが、2時30分くらいから5時近くまでまでベッドに寝ていた。

201307301535371

車で30分くらいでディナークルーズの乗り場に着いた。大型のバリハイIIという船が停泊しており、てっきりその船かと思っていたら、その船が出港した後に来た小さな船に「HIS サンセットディナークルーズ」と書いてあった。それを見た一行は唖然としていたのがおかしかった。

201307301904291

 6時に乗船後まもなくバイキング形式の夕食が始まった。インドネシアの焼きそば、焼き鳥などがあった。当然乗客は全部日本人である。

201307301907111

201307301907112

バンド演奏があったり、バリの躍りがあったり、南十字星を見たり、ツアーに付いていたにしては結構充実していた。ビールをたのんだら「BINTAN」というビールで4万ルピアだった。日本円で約320円だから高くない。

201307302028302

クルーズが終わったのは8時40分位だった。車に乗り換えてホテルに帰った。9時30分くらいになっていたので、すぐに寝た。

| | Comments (0)

August 17, 2013

子連れバリ島旅行 その1 出発

7月29日(月) 曇り一時雨

7寺15分車で出発、セブンイレブンに寄って30分頃高速に乗る。どしゃ降りの雨だったが、しばらく走ると雨を抜けた。
8寺頃成田駐車場 USA 着。すいていて待ち時間なしだった。マイクロバスで空港第1ターミナルに。
ガルーダインドネシア航空のカウンターもすいていてすぐにチェックインできた。ビザに7560円支払い、8時30分には手続き終了。2万円両替し、ドコモで携帯の設定をしてもらった。;
10時頃出国ゲートに入り、出国審査もすいていたので15分くらいで搭乗ゲートに着いた。
GA881便は11時ほぼ定刻に出発した。

Dsc03350

機内の装備は、各席にモニターがあり、オンデマンドで映画やゲームができるが、ちょっと古めだった。
映画も数はあるが、日本語吹き替えがないものもあり、見れるものは限られる。
息子は映画を1本見て、後はゲームをやっていた。
私はGIジョーを見て、ディズニー映画の魔女の山?を途中まで見た。

Dsc03353

ノイズキャンセリングヘッドホンを2つ持って行ったのだが、この飛行機のプラグはLR2本式だったので接続できなかった。そういえばヘッドホンに変換プラグが付属していたが持ってくるのを忘れていた。まあ、最近は飛行機のヘッドホンもよくなったので必要なかったかも。

バリ島に近づき、飛行機が高度を下げ始めると、息子は耳が痛いと泣き出した。
前回でコツをつかんだと思い、安心していたが、こうなると耳の構造的になにか問題があるのかもしれない。
特に風邪をひいているわけでもないのに鼻をズルズルさせていたのでそのせいもあるかもしれない。
日本人のCAが親切に対応してくれた。ティッシュをお湯で湿らせたものをプラコップに押し込んだものを用意してくれて、息子は言われた通りに両耳にかぶせた。原理はわからないしそんなもので直るとは思えないが、そのおかげで息子はいくらか楽になったようで、なんとか着陸までやりすごせた。
17:30(日本時間18:30)バリデンパサール着

201307291909411

HISの迎えがきていて車に。
空港から20分くらいでアヤナリゾート着

201307291930031

すっかり日が暮れていた。

201307291944282

夜は意外と涼しい。
7時くらいに部屋に入った。
カップラーメンを食べて寝た。

| | Comments (0)

August 12, 2013

青少年のための科学の祭典に行った

 7月27日(土)に 科学技術館で行われた青少年のための科学の祭典に息子を連れて行った。
 行ってみると予想通りかなり混雑していた。いろいろな研究発表や 展示など多数あり、 工作や体験ができるものも多かった。
 人気のあるものや時間がかかって人数が限られているものは抽選時刻があってその時間に並ばねばならなかった。私たちは、すいていたりタイミングよく参加できたものだけにした。

Dvc00006

 虹スクリーンの作成、飛ぶプラコップの作成、ペットボトル望遠鏡の作成、リングキャッチャー、静電気実験、3Dビュアーの作成などをした。

Dvc00002

 オーディオテクニカのところでは段ボールスピーカーの作成ができるようだったが抽選だった。音の出る仕組みとは関係ないが、その形が魅力的だった。
 小さなステージがあって、いろいろな出し物があったようだが、私たちの見たのは木製のおもちゃで、ピタゴラ装置(ルーブ・ゴールドバーグ・マシン)のような動きをするものだった。
 なかなかよかったので、来年も連れてこようかと思っている。

| | Comments (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »