« 子連れシンガポール旅行 第3日目 ユニバーサル・スタジオ | Main | 子連れシンガポール旅行 第5日目 セントーサ島をまわる »

August 19, 2012

子連れシンガポール旅行 第4日目 マリーナ・ベイ・サンズ

8/7(火) はれ
 7時頃起床。朝、さっそくお勉強。
Dsc02669

 朝食は部屋の番号と人数を言えばOKなのだが、席は部屋の中とテラス席があり、insideかoutsideと言えば選ぶことができる。昨日は部屋の中の席を選んで、エアコンが寒かったので、テラスの席にした。一番端っこの眺めのいい席になった。
201208071118451_2

201208071112531

 10時30分頃、ビーチを散歩した。セントーサ島のシンガポール海峡に面したところは、防波堤が切れ切れにあって、その隙間から入った波が半円形の砂浜を作っている。
201208071136431
 沖にはすごい数のタンカーがずらっと並んでいる。

201208071248162

 ホテルに面しているビーチはプライベートビーチのようになっているが、ほとんど人はいなかった。水の中に入っている人は2人だけだった。水はきれいとは言えない。
201208071254211

 プールに戻って泳がせた。息子にスライダーをやらせようとしたが、すべるタイミングをコントロールしている人が、子供たちと遊びながら子供を通している様子をみて、腰が引けて「やりたくない」と言った。なかなかそういう中に飛び込んで行けない性格である。まあ、自分もそういうタイプだったから無理はない。
201208071319111

201208071319114

 1時15分くらいに部屋に戻って、私はすこし昼寝した。
 ホテルからは、対岸のハーバーフロント駅の近くまで、直行の無料送迎バスが20分おきに出ている。15時20分のバスに乗って、約15分でそこに着いた。VIVO CITYビルの2つ隣のビルの横である。隣のハーバーフロントセンターにも店があり、そこで息子にラジコンカーを買ってやり、プールに行きたいという息子の機嫌をとった。VIVO CITYで妻は買い物。私と息子は、ベンチでさっそくラジコンを動かそうとしたが、厚紙の箱に頑丈にねじ止めされてされていてはずせない。買った店まで戻り、ドライバーではずしてもらった。電池も入れてもらい、ベンチに戻って少し動かして遊んだ。

 土産物を買った妻と合流し、地下鉄MRTのハーバーフロント駅に行った。
201208051707141
MRTは電車のドアとホームのドアが2重になっている。(写真はオーチャード駅)

 ホームに降りたとき、ちょうど電車のドアが開いていた。乗るかどうかちょっと迷って、これでいいんだとわかって乗ろうとしたときに、妻が先に乗ったところでドアが閉まってしまった。手振りで「ここで待ってる」という合図をして、私と息子はホームで待つことになった。息子は「ママが行っちゃった」と言って泣きべそをかいていた。大丈夫だよと言って待っていたが、初めて携帯の電源を入れた。まもなく隣の駅で引き返してきた妻が電車から降りてきた。

 MRTのマリーナ・ベイ駅で降りた。名前からして、マリーナ・ベイ・サンズに行くにはこの駅だろうと思ったのだ。しかし、降りて地上に出てみると、見えてはいるが結構遠い。後でわかったが、2012年1月にホテルの真下にベイフロント駅ができたので、そこで降りればよかったのだ。
201208071954231

 マリーナ・ベイ・サンズに着いたのは18時頃になっていた。
201208072009211

201208072011441
 ホテルの内部に入ったが、展望台の入り口はホテルの横の地下にある。チケット売場に長い列ができていて、受付は4人くらいいるのに、なぜか受け付けているのは2人だけだった。
 展望台に着いたのは18:35だった。まだ明るく、夕日になってきたかなというくらいだった。妻は眺めより土産物だった。
201208072036061

201208072036062
プールが遠くに見えた。

 おなかがすいてきたので、妻がフードコートでタイ料理を買ったところで、現金がないことに気がついた、フードコートではクレジットカードが使えなかった。それ以上は買えなかった。銀行はすでにしまっていた。
 20時から、ワンダー・フルという噴水と光のショーがあるということを調べてあったので、19時40分から見る場所を確保した。20時からショーが始まった。噴水に動画が映し出されたり、レーザーの模様が描かれたり、後ろのマリーナ・ベイ・サンズからレーザーがでたり、シャボン玉が出たりきれいだった。
201208072200174

201208072211541

Dsc02710

 ショッピングモールの中に入って、駅に向かう途中で、クレジットカードでキャッシングできることを思いだし、ATMに寄った。ATMにVISAカードがゆっくり吸い込まれた時に、カードが戻ってこなかったらどうしようと妻が言い出したので不安になったが、もうやるしかない。無事に、100ドル(7000円弱)キャッシングできてほっとした。こんなことでもドキドキしたりj、うれしくなったりするのも旅行のおもしろさかなと後になって思った。 
Dsc02721

 ベイフロント駅近くのセブンイレブンでサッポロ黒ラベルロング缶を2本買った。1本5.2ドルだった。
地下鉄MRTで2回乗り換えて、ハーバーフロントへ。モスバーガーをテイクアウトで買った。シンガポールの食べ物を食べたかったが、おいしいかどうかはわからないし、もう疲れていたから無難な選択をした。
 9時40分のホテルの送迎バスでホテルへ。
 部屋でモスバーガーを食べた。私はビールを飲み、妻は最後の氷結をのんだ。日本から氷結をロング缶で8本持ってきた。去年のグアムはちょうど良い数だったが、あの時は夕食のバイキングでビールとワインが飲み放題だったからたりたのだということに気がついた。本当は外国に持ち込める酒は1人1リットルくらいだからオーバーしているのだが、チェックされたことはない。
 着るものがたりなくなりそうなので、妻が洗濯した。

|

« 子連れシンガポール旅行 第3日目 ユニバーサル・スタジオ | Main | 子連れシンガポール旅行 第5日目 セントーサ島をまわる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子連れシンガポール旅行 第3日目 ユニバーサル・スタジオ | Main | 子連れシンガポール旅行 第5日目 セントーサ島をまわる »