« May 2012 | Main | July 2012 »

June 30, 2012

トッド・ラングレンのDVDと本を借りた

 友人Tからトッド・ラングレンについての本とDVDを借りた。トッド・ラングレンの作った曲にはいい曲がたくさんある。「ハロー・イッツ・ミー」,「アイ・ソー・ザ・ライト」,「A Dream Goes On Forever 」は昔から知っていて好きだったが,友人Tがいい曲だという「Can We Still Be Friends」なども好きになった。トッドの曲を再確認するうちに「Love Is The Answer」と言う曲が好きになり,2年前くらいに耳コピした。この曲が私の一番好きな曲かもしれない。名曲である。「Can We Still Be Friends」も耳コピ中であるが,コーラス多重録音で止まっていて,1年以上宙ぶらりんである。友人Tよ,歌ってくれ。
DVDはライブ映像と,特典映像でインタビューが入っていたが,ライブよりもインタビューの方がおもしろかった。

 続いて「トッド・ラングレンのスタジオ黄金狂時代」という本を読んだ。トッド・ラングレンの天才ぶりがよくわかる内容だった。エンジニア,プロデューサーとして関わった中にはよく知っているザ・バンド、バッドフィンガー、グランド・ファンク、ホール&オーツ、ローラ・ニーロなどがいて,初めて知ったことが多々あった。
友人Tと違って,ミュージシャンのバイオグラフィーなどにはそれほど興味はないのだが,せっかく貸してくれたのだからと,3日くらいで集中して読んだ。本1冊をまるまる読んだのは何年ぶりだろう。


| | Comments (0)

June 25, 2012

高尾山に行った

息子を今度は自然の中に連れていこうと、軽いハイキングを検討していた。
高尾山は以前から考えていた。私も行ったことがないし、ミシュラン3つ星をとったことだし、手頃かなと思っていた。
2年前のゴールデンウィークに行った人が、登る人の渋滞ができているほど混んでいたと言っていたので、千葉県民の日の6月15日に、息子の小学校が休みだったので、私も仕事を休んで出かけた。
 昼頃ふもとについたので、まず食事をとることにした。そこにあった「高橋家」というそばやがやけに混んでいた。待つほどの時間がなかったので、向かいのそばやに入って食べた。
 普通の日なのですいているだろうと思ったが、予想よりは人が来ていた。

201206151302531

 
 息子はケーブルカーに初めて乗ることができたが、またも感動は薄い感じだった。ケーブルカーを降りてから1時間くらい軽い登りで頂上についた。残念ながら、薄曇りで遠くまでは見れなかったが、ある程度は見渡せた。しかし、息子は途中の売店のおもちゃが気になって、早く下りたがっていた。

201206151314092

 登りは1号路を通ったが、帰りは4号路を通って吊り橋を渡った。行きは神社などを通り、階段が多かったが、帰り道は自然の中の道でいい選択だった。

201206151325101

201206151502421

 おもちゃを買わないと息子の気が済まないので、売店に寄ってからケーブルカーで下りた。
 中央線に乗っている時間が長かったが、何かやらせるものをもってくるんだった。
 東京駅の大丸で誕生日プレゼントの赤外線リモコンカーを買い、地下街で食事をして帰った。

| | Comments (0)

June 24, 2012

鳩が巣を作った

 我が家のシンボルツリーに鳩が巣を作り,親鳥が卵を温めているのに気がついたのが5月12日ごろだった。
いい機会なので,息子にも観察させていた。5月21日ごろには2羽の雛が生まれ,6月2日には巣立っていった。
なんて早いんだろう。息子が巣立つのはいつになるやら。
Dsc02238_2


| | Comments (0)

June 14, 2012

東京タワーにのぼった

 息子をいろいろなところに連れていってあげようと博物館のようなものを回ったが、私もそろそろ飽きてきたし、息子も以前のように喜ばなくなってきたので、今回は方向性を変えて東京タワーに連れて行った。
 地下鉄芝公園駅から芝公園を歩いて東京タワーに向かって歩いていくコースを選んだ。芝公園ではちょうどお祭りのようなイベントがあって、露店が出ていたので、50円のスマートボールで遊んで、おもちゃを獲得した。
Dsc02251

 タワーの第1展望台(高さ150m)に上ると、特別展望台へは40分待ちだった。迷ったが、せっかくだから上ることにした。息子は眺めよりも買い物がしたくて売店が気になるようだった。私はベンチにに座り、一人で売店に行かせて買うものを選ばせたら、光るボールペンを選んできた。
 特別展望台(高さ250m)でも、息子は眺めにはあまり興味はなさそうだった。私は、たぶんかなり昔に来たことはあったと思うが、すっかり記憶はなかった。(あるいは初めてだったかも)
 2階のフードコートで食事して帰った。10時過ぎに家を出発して、帰宅したのは4時過ぎだった。
Dsc02256


| | Comments (2)

June 12, 2012

自転車のタイヤ交換

 自転車を買って,3年間で2000km以上走ったことになる。同僚の監督のもと,初めて自分でタイヤ交換をした。タイヤと中のチューブ2本ずつで5,560円だった。
Dsc02239

| | Comments (0)

June 11, 2012

小学校初めての運動会

 5月26日の土曜日に運動会があった。
妻は仕事だったので、昼食は私と2人きりになってしまうことになり、寂しいので妻の両親にきてもらった。小学校は敷地が広いし、それより1日外にいることが疲れると聞いていたので、早朝からの場所取りはせず、開始時間ぎりぎりに行った。さらに、両親には遅くきてもらった。
 天気は良すぎて暑く、息子の出番はたまにしかこないので、私たちはなるべく木陰でしのいだ。
それでも1日ですっかり日焼けして、しばらく後に皮がむけてしまった。
 校庭の隅は木が生えているが、テント村のようになっていた。

 息子の50m走のときはいちばん撮影ポイントにいたが、天気が良すぎて液晶が見にくく、うまく撮影できなかった。で、肝心の順位は6人中4位で入賞できなかった。
201205261113532


| | Comments (0)

June 10, 2012

速く走るトレーニング

「世界一受けたい授業」で速く走るトレーニングが紹介されていた。
早速、運動会が近い息子にトレーニングを始めた。実験である。しかし、どのくらいやったらいいのかわからないので、適当にしかやってない。
まずは、50mのタイムを測ったら12秒27であった。トレーニングを数回やった数日後に測ったら11秒台になった。ストップウオッチを押すときの誤差があるだろうが、本人が意識したことが大きいだろう。トレーニングのおかげではないかもしれない。適当だし。
201205211916051


| | Comments (0)

June 09, 2012

千葉市科学館に行った

 科学系の博物館に何度か行って、息子が喜んでいたので、今度は千葉市科学館に行ってみた。
まず、プラネタリウムに入った。息子は初めてだが、私は久しぶりだった。
その日の夜8時の星の位置が映し出されたり、星座が見れたり、それなりに楽しめた。
夜に息子と金星を見ようと思った。
金環日食直前だったので、その特集が組まれていた。
Dsc02221

 プラネタリウム以外にも、視覚や聴覚の錯覚を楽しむ展示などがあったが,これまでにも同じようなものを他の科学館で見てきたので,さすがに飽きてきた。

Dsc02223


| | Comments (0)

June 04, 2012

父の食事の面倒を見る

 私の実家には父と兄夫婦が住んでいる。兄夫婦が出かけるために,連休最後の2日間は,父の食事の面倒をみることになった。その昼に,父が山に行って草刈り機で草を刈りたいと言い出した。父は車の免許を返納してしまったので,私が軽トラックを運転して連れて行った。父と草刈り機を下ろすといったん家に戻り,妻の実家に妻と息子を迎えに行き,自宅に帰る途中でまた私の実家に寄った。
 草刈りの終わった父を迎えに行くときに,妻と息子を乗せていき,頂上に神社のある低い山に登った。息子には妻の両親だけでなく,私の父の姿も覚えていて欲しいものである。
Dsc02214

| | Comments (0)

June 03, 2012

竜宮城へ行った

 5月4日に,妻の実家に行く途中で,久しぶりに木更津のホテル三日月竜宮城に寄った。
息子がプール好きなので喜ぶと思ったのだ。ところが,そこから潮干狩りをしているところがちょうど見下ろせると,そこに行きたいとぐずりだした。時間的に無理である。説得するのが大変だった。
 ひとしきりプールや風呂で遊んだ後,昼はバイキングで取った。帰りに,できたばかりのアウトレットのそばを通り過ぎようとしたら,かなり渋滞しているようだったので,脇道に逃げて妻の実家に向かった。
Dsc02205

| | Comments (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »