« 思い出の発掘 | Main | 天使の微笑み »

August 21, 2005

映画鑑賞の夜 - 夏

 ここのところまた映画鑑賞の夜が続いている。夜,子供と妻が寝てから2階の簡易防音の部屋で1人見ている。借りていた「冬のソナタ」DVDをようやく見終わった。3話ほど妻と見てからずいぶん時間がたつが,また続きを見始めるまでなかなか思い切れなかったのである。ついに夏になってしまったが,見始めたらけっこう楽しんで見ることができた。ハマるというほどではないが・・・。
 ジュラシックパークで有名なマイケル・クライトン原作の「タイムライン」を見た。そこそこよくできたタイムスリップもののSFである。なにかものたりない気がするのはなぜかろう。少し前に見た邦画SF,金城武,鈴木杏主演の「リターナー」がなぜか思い出される。ストーリーに無理があるし,セットがちゃっちいし,金城武の服装もアクションもまるっきりマトリックスのキアヌだし,いいとこないみたいだけどなぜかおぼえているのは「哀愁感」・・・かな。
 さだまさし原作の「解夏」,悲しい話を淡々と描いている映画。長崎の風景はいいと思うけど映画としてはどうかな。
 「ラスト・サムライ」,ハリウッドが描いた日本人にも納得できる日本ということだったが,いいせんいってるけど,それでも何かいまひとつ違和感があるような気がする。

|

« 思い出の発掘 | Main | 天使の微笑み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画鑑賞の夜 - 夏:

« 思い出の発掘 | Main | 天使の微笑み »