June 15, 2019

気胸再発

6月3日()

夜10:30寝ようとしたら咳が出て、横向きになろうとしたら余計に咳が出た。おかしいと思って口に腕を当てて呼吸音を聴いてみたら、はくときに炭酸がはじけるような、レジ袋をくしゃくしゃにするような音がきこえた。4年前と同じ気胸だ。

 

そういえば前日も咳が出ていた。2日前に妻とハイキングに行ったが、その時、やけに 息苦しかった。そのときすでに穴があいていたのか、その日にいたのか

 

ネットで検索して、救急安心電話相談というところにかけてみた。明日病院に行けばいいかなと思っていたが、すぐに病院にいった方がよいということだった。その電話で手配できるのはずいぶん遠い病院なので、救急車を呼ぶことをすすめられた。

 

入院中に必要となるものをある程度用意しておいた。

救急車を呼び、連れていかれたのは運よく前回処置した自宅に一番近い病院。たまたま当番医だったようだ。

 

病院ではすぐに胸に穴を開け、パイプをつける処置が行われた。今回は腕の良さそうな外科医が1回で開けた。麻酔を打つが、最後の1押しは足が動くほど痛い。

 

吸引するポンプをつけて、病室に落ち着いたのは2時頃だった。

痛み止めを飲んで寝た。

 

6月4日(火)

動かなければ痛みはないが、寝返りは痛くてできない。穴を開けた胸より背中が痛い。医者によると癒着があるかもと言っていたが、後に癒着ではなくてパイプを刺してあるせいだろうと言っていた。

 

胸からパイプでつながっている「R2D2」君

Img_1879

バッテリーを搭載してあるので、電源を抜いてゴロゴロ引いていけば自分でトイレにも行ける。2回目なので不安はない。

 

病室は6階だが、公衆電話は1階である。病室は通話禁止なので職場への連絡はエレベータホールか公衆電話からかける必要がある。用意しておいたテレホンカードを持ち、1階に行って電話と入院手続きを済ませた。

 

病室ではメールは可能である。連絡のメールを打ち、iPhoneに仕込んであった「ヘウレーカ」を2本見たりしているうちにウトウトした。iPhoneの電源も持ってきてある。手抜かりは無い。

夕方、頼んでおいたノートパソコン、耳栓、お茶等を妻が持ってきてくれた。

 

6月5日()

朝、X線撮影して肺の状態をみた後でポンプの吸引が止められた。

痛みはずいぶん減ったが、出歩くときは背中が痛くて背が丸まってしまい、そろりそろりと歩く感じになる。

 

録画してあったカンブリア宮殿などのテレビ番組をノートパソコンで見たり、プリペイドカードで見れる病室備え付けのテレビを見て過ごした。

 

夕方、またX線撮影があった。その結果は担当医から聞けなかったが、看護師によると問題なかったらしい。

病室は4人部屋だが、この日満員になった。夜中は耳栓がとても役に立った。

 

6月6日()

朝、ポンプ本体が外され、管の着いている透明な容器だけになり、移動しやすくなった。

Img_1883

これまで電源を外すのが意外に面倒だったのだ。その動作で胸や背中が痛むし。

 

今日も持ってきたビデオファイルをノートパソコンで見た。

前回は、微熱と頭痛が続いて何もやる気にならなかったが、今回は微熱も頭痛もないので、痛みが治まってきて何かできそうだ。

 

6月7日()

胸にビニールを貼ってもらって、シャンプーをしてさっぱりした。

 

夕方、CTを撮った。その結果、肺は膨らんでいたので胸に刺さったパイプを抜く事になった。病室で麻酔もせずあっという間だった。痛みもほとんど無かった。そして明日退院となった。

 

画像を見せてもらったが、右の肺が背骨側が膨らみきっておらず、小さな空間ができていた。まだ膨らみきっていないか、この形で固まったかだという。これは前回の写真と同じで、問題はないらしい。

 

他に膨らんでるような部分があり、そこから漏れたのかもしれないということだった。

担当外科医にいろいろ聞いた。

・何が原因(きっかけ)かはわからない

・ハイキングで息切れがしたということから、それより以前に漏れていたのかもしれない。

・2週間は激しい運動を避けていれば、ハイキングも歌も大丈夫。

・1ヶ月後の人間ドックの肺活量の検査も大丈夫。

・再発する可能性は60パーセント。

・お酒は飲み過ぎなければ大丈夫。

 

6月8日(土)

朝、退院ということだったが、手続きなどで病院を出たのは11時頃だった。

| | Comments (0)

June 13, 2019

妻とハイキング 神奈川県大楠山

6月1日(土)

毎週恒例の妻とのハイキング。今回は神奈川県大楠山。

8:30自宅近くの駅を出発して、逗子駅に10:14に着いた。ここでも妻がそばを食べたいというので駅そばを食べた。

10:29バスに乗り、葉山御用邸のあたりを通って10:52前田橋というところで降りた。

 

Img_1839_1

11:07川沿いの遊歩道があって、ここを歩かなければならなかったのに、十分調べていかなかったので、つまらない普通の道を歩いてしまった。

 

Img_1840_1

11:19遊歩道と合流。登山道となる。

Img_1841

 

12:00レーダー雨量観測所到着。

Img_1844

 

その季節には菜の花やコスモスでいっぱいになるらしいが今は何もなかった。

Img_1845

 

そこの展望台にも上ってみる。あまり、人が来ていないのかもしれない。後で大楠山山頂の展望台に登ることを考えると個々は省略してもいいのかもしれない。

Img_1848

Img_1850

 

大楠山山頂を目指してさらに進む。

Img_1851

 

12:18大楠山山頂到着、展望台に

Img_1854

油壺、三浦方面。妻はこの油壺の風景が気に入った。海岸近くまで建物が並び、平野が続き、山が近くに迫っていない風景が面白いという。

 

Img_1856

360°見渡せる。天気が良ければもっと眺めが良かっただろう。

 

Img_1859

山頂は広場になっている。

 

Img_1860

ここに阿部倉温泉と書かれていたので、その方向に下山。12:27

 

Img_1861

 

しょうぶ園方向に

Img_1864 

 

Img_1867

 

休業中と書かれているが、とりあえず行ってみることに。

Img_1873 

 

第2・4金曜日電話予約必要と書いてある。

Img_1872

 

1 2:59阿部倉温泉到着。やはり1軒宿。障子紙もビリビリになっていて、ずいぶん使われてなさそう。引き返す。Img_1871

 

アスファルトの道を歩いてバス道を探す。

13:15広い道路に出た。衣笠まで歩くことにした。

Img_1876 

14:00衣笠駅到着。

Img_1877

 

| | Comments (0)

June 12, 2019

妻とハイキング 神奈川県湘南平、高麗山

5月25(土)恒例になりつつある妻との低山ハイキングで、今回は神奈川県大磯の湘南平と高麗山にいった。

息子を部活に送り出したあと、最寄り駅7:45の電車で東京へ。東海道本線に乗り換え、大磯には9:43に着いた。

Img_1784 

住宅街を歩いて登って行った。住んでいるのか別荘なのか、海の見える眺めの良い立地はおしゃれに思えた。でも坂の多いところは生活は大変だろうな。

 Img_1786

高田公園の脇を行くと登山道らしくなっていく。この時10:12。

Img_1788

Img_1790

 

10:50湘南平(高麗山公園)到着。

Img_1798

公園のようになっていて、展望台もあり、眺めが良い。富士山も見える。

Img_1800

伊豆半島方面

Img_1801 

 

三浦半島、房総半島方面

Img_1808

 

東京、北関東方面

Img_1807

 

大山も見える

Img_1806

 

そんなに期待もしていなかったが、素晴らしい眺めである。空気が澄んですっきりしていたらもっとよかっただろう。

売店で「おでんうどん」というおでんにうどんを入れたものを遠くに大山を見ながら食べた。具は多いが天ぷらうどんの方がよかった。

 

Img_1811

 

11:45ごろ高麗山に向けて出発。高麗山までは1.2km。出発してすぐに浅間山があるはずだがわからなかった。

Img_1817

Img_1820 

 

12:18高麗山に着いたが、小さな広場と小さな祠のようなものがあるだけ。

Img_1825

やはり朝鮮半島と関連があるらしい。

Img_1826

すぐに下山開始。

Img_1827

12:30男坂を選んだが、たいしたことなかった。

Img_1828 

12:32高麗神社

Img_1831

道路に出た。大磯まで歩いた。

Img_1835 

 

| | Comments (0)

June 09, 2019

トッド・ラングレンを見に行った

5月22日()錦糸町のトリフォニーホールにトッド・ラングレンを見に行った。

錦糸町にそんなホールがあるなんて知らなかった。

開場時間18:30頃に、友人Yが職場から車で駆けつけた。

ホールに入ると、行われるコンサートはクラシックが多いかな?という雰囲気だった。

Tシャツがほしかったが、デザインが悪すぎて買わなかった。残念。

昔はお金が惜しくて買えなかったが、最近はTシャツを集めていたりする

 

Img_1779_1

 

これは、3月17日に行ったWishbone Ashのコンサートで買ったTシャツ

 

開演時間までスタンドバーで過ごしてた。

会場に入るとドラム、ベース、キーボード、ギター、アンプなどの楽器類が置かれただけのシンプルなシンプルなステージ、背景にはスクリーンが1つ。会場にいる人を見るとやはり年齢層が高い。

 

Img_1781

 

演奏した曲目は、こちらこちらなどに載っている。

私自身は、大好きな

 Hello It's Me

 I Saw The Light

 A Dream Goes On Forever

 Can We Still Be Friends

が聴けてよかった。でも、

 Love Is Answer

 It Wouldn't Have Made Any Difference

も聴きたかったな。

そのほかは私にとって、聴き覚えのあるReal Manなど、聴いたことはあるけど覚えてなかった曲、知らない曲だった。

 

音質がどうとか、演奏の出来がどうとかは私にはわからない。他のWebページで見てもらいたい。

私の最近のコンサートでの楽しみは、どんな楽器・機材を使っているかとか、どんな弾き方をしているかなどを見ることである。

トッドはミントグリーン?のストラトタイプを使っていた。ベースアンプはイギリス製の見慣れないアンプ、キーボードにはパソコン?のモニターがあった。その他は時間がたってしまったので忘れてしまった。

 

スクリーンの映像は派手さはないが、曲にタイミングがピッタリあったものがあった。曲に合わせて作ってあったものなのか、スクリーン担当のスタッフがスイッチングしていたのか。

 

最初にドラムスが「平原王子」と漢字で書かれた黒いTシャツを着ていた。平原綾香の親戚かな、そんなはずないか、と気になっていた。ドラムスはプレーリー・プリンスという人だった。元カーズのキーボードのグレッグ・ホークスは「虞烈虞」だった。元ユートピアのベースのカシム・サルトン だけは漢字のTシャツを着なかった。とか、どうでもいいことをよく覚えている。

 

後半の初めにファンの女性が通訳を務めたQ&Aコーナーがあったのが面白かった。

以下の画像はクリックするとアマゾンに飛びます。アフィリエイトが目的ではなく、画像の著作権が気になったからです。

今回のコンサートのテーマとなった。

トッドはこんな人(若いとき)

おすすめ曲を1枚でとなるとこれかな。私は持ってないけど。

 

 

| | Comments (0)

«2人でハイキング 神奈川県鷹取山