September 01, 2019

テレビを裏返した

 昨年10月に反乱を起こして、週に4日通っていた塾をやめてしまった息子は、毎日勉強をしないでテレビばかり見ていた。当然、成績も振るわなかった。

 4月に中学2年となり、中間テストの前になって、テスト勉強をしようと思ったのか、突然、テレビをもう見たくないと言った。ここぞとばかりダイニングのテレビを裏返し、親もテレビを我慢することにした。

Img_1897-1

 その日から自分でテスト勉強をするようになり、親も応援するようになった。中間テストにもその結果が現れた。

半年間ずっと暗い家庭だったが、やっと明るい兆しが見えた。

 

 期末テストはもっと順位を上げたいと言うので、試験勉強の計画のヒントとなる表をつくってやったり、一緒に勉強に付き合ってやったりした。しかし、タブレットゲームを餌にしなければなかなか持続しなかったし、自分の計画もずさんで、やり終えないものがあったり、勉強すべきポイントが違ったりで期末テストの結果は芳しくなかった。

 

 2学期に向けて夏休みの計画も立ててやり、毎日専属家庭教師を続けたが、結局、タブレットゲームの時間の方がはるかに多かった夏休みであった。

 過保護と思われるだろうが、優秀な子供を持った親には理解できないような、支援が必要な子供もいるのである。

| | Comments (0)

August 17, 2019

PC高速化

 買ってから8年以上たつ、妻の仕事用として使っているDELL Inspiron580Sであるが、これまでブルースクリーンになったり、起動の途中で止まったりして、そのたびにメモリの抜き差しやハードディスクの抜き差しで延命してきた。

妻の自宅での仕事用のパソコンとして職場に登録したのを機会に整備してみることにした。書いたようにたまに不安定になることが一番困るが、普段も起動に時間がかかり、動作も遅く、途中でフリーズすることも困っていた。

Img_1968 電

源ボタンを押してからパスワード入力までが約1分、インターネットエクスプローラがクリックできるようになるまでが2分くらい。IEの検索の入力ができるようになるまでが5分以上かかっていた。

 まず、メモリを増設してみた。もともとは2GB×2あったが、あいているスロットにさらに2GB×2を追加した。それで計測してみたが、検索できるまでが4分くらいになったくらいだった。

Img_1969  
 さらに起動用Cドライブとして使っていたハードディスクを、余っていた古いSSD(プレスターM6V)に交換してみた。ディスクの複製にはAOMEIを使ったが、思ったより簡単にできた。その結果、電源ボタンを押してからパスワード入力までが約30秒弱、インターネットエクスプローラがクリックできるようになるまでが35秒くらい。IEの検索の入力ができるようになるまでが45秒くらいという驚異的な速さになった。予想以上の結果にびっくり。
 ひょっとすると、ハードディスクに問題があったのかもしれない。

| | Comments (0)

August 07, 2019

トイレの修理

 トイレの水を流すときに、「小」は流れるが、「大」を押しても流れなくなった。

Img_1948

これは、玉鎖が切れたせいである。これまでも度々あって、針金で切れた玉鎖をつなげる応急処理をしてきた。

しかし、そろそろしっかり直さないといけないとは思っていて、風呂用の金属製玉鎖を買っておいた。妻の客が来る機会に直すことにした。

切れた玉鎖を外し、並べて 長さが同じになるように印をつけた。

Img_1945 

金属製玉鎖を付けておしまい。

Img_1946

意外に簡単だった。というのも、フタの取り外しは何度もやったことがあったので、その部分の作業は手馴れたものだったからだろう。

 

| | Comments (0)

July 30, 2019

古内東子のライブに行った

気胸の手術が決まってキャンセルした古内東子のビルボードライブ東京でのライブのチケットを、手術後の病室で取り直し、手術の3日後に出かけた。
いつもの一番安い5Fのカジュアルシート。一人で来ている人も結構いたみたい。

Img_1931

ライブはピアノに1人、サックス&フルート&パーカッションに1人、そして古内東子の3人だけ。しっとりとしたバラードばかりの選曲で、私はほとんど知らなかった。知っていたのは「誰より好きなのに」だけ。一番好きな曲だったから良かったけど。

めったにやらない曲もあったと言うことで、コンサートに何回も行っている古内東子のコアなファンには良かったかもしれないが、初めてライブに来た私にはもの足りなかった。
できれば、「大丈夫」、「はやくいそいで」、「逢いたいから」、「Beautiful Days」も聴きたかった。

それにしても、いろいろな恋愛の歌をよく作れるものだ。どっぷりつかっていると、自分の経験を思い出し、曲にするにはどんな歌詞かな、なんて考えたが、やはり才能がなさそうだ。

この会場は、最後の方になると後ろカーテン?が開き、六本木の風景が見えるようになる。

Img_1932 

| | Comments (0)

«気胸はやくも再々発、そして手術